2020/09/08

薬まみれになっちゃうよ。

診察が終われば、薬局である。
60日分の処方で、薬局だけでも支払いは1万円を超える。
主犯は、エリキュースである。

そして1度始めた薬は、なかなか止めるのが難しい。

「定期検診を受けていられますか?」
「いえ、とくには。ただ必要に応じて血液検査や尿検査、心電図などを」

「で、コレステロールなどは、大丈夫ですか?」
「コレステロールはまずまずですが、中性脂肪やLDL、HDLなど基準から外れている部門は、結構ありますよ」

「それらの薬の処方はありませんね」
「薬剤師さんの前で言うのもなんなんですが、基準から外れたと言っては、薬を処方されたらまさに薬漬け?じゃないですか」

一般に薬は出来ればのみたくないものなんですよね。


 

| | コメント (6)

2020/07/20

速歩

若い頃から山歩きをやっていたせいか?歩くことには、自信がありました。
ただ、年とともにその自信は薄らいで来ましたが・・・

もっとも登山の場合は、脚足の運動性能よりも、心肺機能の方が重要と考えられますからね。

ところが、最近は、平坦路の短距離でも人並みのスピードで歩くことが、なかなか大変であると感じることがしばしば。

そういえば、
個人的には、スピード歩行をする機会が、全くありません。自然にチンタラ歩く癖がついたと思われます。
その方が楽ですからね~

これじゃいかん!

たまには速度を意識して、つまり速歩をこころがけんといかんな~

 

 

| | コメント (6)

2020/05/09

頭皮は清潔に、でも

頭皮を清潔に保つとは、定説で誰も疑う余地はないところです。

つまりシャンプーは、最低、日に1度または2度くらい洗う方が良いことになります。

ところが人間の身体はよくしたもので、皮脂を取り払うと皮脂が不足していると判断して皮脂腺が活発になり、どんどん皮脂を増産するようになります。
さらには皮脂腺自体も大きくなって、毛襄(毛穴)を押しつけることになりかねません。
皮脂腺は毛襄に接していて毛穴の脇から分泌していますから。

皮脂は必要だからあるわけでして、例えば汗腺と皮脂腺で天然クリームを作り頭皮や皮膚を守ります。
また皮下脂肪の少ないところでは、その皮脂自体が断熱材の役割も果たすそうです。

結局、頭皮は清潔な方が良いのですが、頻繁すぎると皮脂腺を刺激しすぎて、毛穴を圧迫する可能性が否定できないのです。

信じられますか?

| | コメント (4)

2020/03/03

手洗いの方法

が、
最近テレビのスポットで、よく流れています。

なかなかここまで徹底して洗うのは、ちょっとたいへんかと。寒い時期はなおさらですね。

それはさておき、私が気になるのは、爪先の洗い方です。
「爪先 爪の間は、手のひらにこすりつけて洗う」
としています。
それはそれで良い方法なのでしょう。
しかし、爪が長かったら隙間に入り込んだ汚れや細菌・ウイルスは落ちにくいでしょう。

「爪は短く切っておく」深爪はいけませんが。
これが基本でしょう!
なぜアナウンスしないのでしょう?

いや言うまでも無い基本中の基本だからでしょうか?

 

 

| | コメント (6)

2020/01/09

禁煙

飲食店・事務所・工場・店舗・集会所など、すべての施設の管理者へ

2020年4月1日から、2人以上の人が利用するすべての施設は、原則屋内禁煙になります。

と、アナウンスしているようです。

喫煙室を設ければOKなんですが、小さな店舗では無理です。

禁煙は一気に進む可能性がありますね。

禁煙が徹底するのは良いことですが、覚せい剤や大麻・コカインなど危険ドラッグが蔓延っている事の方が気になりますね~

| | コメント (10)

2019/12/30

風邪をひかない理由

「おめさん、風邪ひかね~ろうね」
「は~、もう30年もひいた気がしませんね。予防接種もしませんし」

「お客さんと接しているから、免疫ができるんだそうですよ」
「そうらろうかね?」

「それに度々手を洗うでしょ!」
「そりゃ洗いたくなくて、洗うことがありますからね」

でもね~なにしろ素人の講釈ですので、信じがたいです。
が、理にかなうところもあるのかな~

とは言え、油断は禁物ですね。

 

| | コメント (6)

2019/11/18

護摩堂山でカミングアウト

もう1年ほど、登山らしい登山はやっていません。
理由は体調不良であると、時折書き込みはしていましたよね。

体調不良の原因は?
まず不整脈です。心房細動が主因か?
さらには、やや機能低下が診られる腎臓の二つだと思われます。

心房細動は治療法があるようです。しかし腎不全は末期になると、人口透析しかありません。

主治療は食事療法ですね。
そして適度な運動はプラスに作用しますが、過度は禁物だと思われます。
しかしどの程度が適度でどの程度が過度にあたるのか?
判断が難しいようです。

Dsc03191

Dsc03192

Dsc03194

すっかり秋本番ですね。

 

 

| | コメント (10)

2019/08/04

足裏シートで治る?

1564632100236 膝が痛むと言ったら、これがよく効くとT氏。
ほんまかいな?
だまされたと思って使ってみてよ!

で、どこに?足裏に貼るんですか?
それでも良いけど、痛いところに貼った方が良いですよ。

どれくらい続けたら治るのか?
疑問は多いが、とりあえずやってみましょう。

 

| | コメント (4)

2018/11/27

夢であえたら

「ほれ、もうぞうさん、こんげところで寝るなて!」
「は~?」

「おめさんの場所は、そっちらて」
「ようやく寝たばっからすけ、身体が言うこときかないてばね」

しばらくして目が覚めました。

そうです、夢で起こされたんです。

最近、睡眠の質が悪いようです。

♪あなたに逢えるまで眠り続けたい・・・なんて頃が、懐かしいっていうか、うらやましいな~

| | コメント (4)

2017/12/24

べらぼうめぇ

寒い時期は、お風呂での事故が多くなるので、十分に気をつけるようにと、広報しています。

主たる対策は、ヒートショック、すなわち血圧の急激な変動を抑えるためなのでしょうが、

脱衣場や浴室を暖めておく。入浴前に水分補給を。心臓から遠い部位からかけ湯をする。浴槽にはゆっくりと入る。
お湯の温度は39度を推奨、それも半身浴が良いとか
全入浴時間は15分程度など、いろいろあります。

安全に入浴するなら必要なのでしょうが、少しくらいリスクがあっても気持ちよく入浴したい!
との思いからは、
青色の部分は、まるっきり不満です。

ある程度の血圧の変動にならせておくのも、選択肢の一つかと?無茶かな?

ちなみに我が家の浴槽の設定温度は、夏場で41度。それ以外で42度です。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧