« フェイス シールド | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »

2020/07/01

FM PORT 閉局

20年近く続いた新潟県内向けの民間FM放送が、終了しました。

個人的にはそんなに感慨は無いですが、ある意味一つの「音楽文化」が、消えたような感じです。

そこで新聞の放送欄(番組欄)の表記はどうなるのか?

うっかり見ていると分からないですね。
当然ながら、かの局は無くなっていました。
その上に、若干レイアウトを変えて、空きスペースに「時代劇専門チャンネル」が登場しました。

なぜそのチャンネルが、紙面に載るのか?
深い理由があるのか?ないのか?

どうでも良いですが、気になりますね~

 

|

« フェイス シールド | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。

なるほど、短いコメントですが、中身が濃いですね。
でも生き残る道を探せなかったのが、なんとも?

投稿: もうぞう | 2020/07/06 07:18

もうぞうさま
新潟の文化?
ああんまりわかりませんが、ターゲットの絞り方
バックボーンになるスポンサー等、少し曖昧だったのでは?
家賃もそこそこ高かった?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2020/07/05 20:17

吉田勝也さま、こんばんは。

新潟の地方の話では、??でしょう。
でもありがたいことです。

投稿: もうぞう | 2020/07/02 18:55

玉井人ひろたさま、こんばんは。

新潟ではいわゆるミニFM局が10社以上あります。
近くでは新津、燕三条、巻など
今回のFMポートは、設備が桁違いの県域放送です。
しかしどこかの企業が、スポンサーになると思ったんですけどね。

投稿: もうぞう | 2020/07/02 18:48

読ませて頂きました。

投稿: 吉田勝也 | 2020/07/02 10:34

わが村に隣接する、朝ドラ「エール」のモデルの一人「伊藤久男」の故郷の本宮市には「モットコムもとみや」というミニFM局があります。
放送は我が家でもきれいに受信できます。

そこは、本宮市の広報放送も担当する、行政との共同局になっています。
昨年の19号水害の時は、スタジオがある建物は避難所にもなりました。

存続するには、行政との協力し合うやり方が、一番安定するようですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2020/07/02 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェイス シールド | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »