« 月潟劇場、OPEN。 | トップページ | 電気と電話と水道 »

2018/09/24

電話の通話と交換業務

電話の歴史を調べていて、面白いことが分かりました。

当地月潟においてですが、

通常郵便業務の開始・集配→明治9年7月1日。
小包→明治32年2月1日。

電報→明治42年1月11日。

電話・通話→明治44年10月6日。
電話・交換開始→大正14年12月26日。
電話・自動交換→昭和44年10月24日。

その他、
郵便貯金は明治18年1月1日。為替は明治27年3月。簡易保険は大正5年。郵便年金は昭和4年。。

何が面白いかと言うと?
電話で通話開始と電話の交換開始とが区別されています。

通話開始って何?
まだ開通本数が少なかったから特には困らなかった?

でも、交換が出来なければ、電話の意義はないと言うものでしょう。

で、昭和初期頃の電話の普及台数は、33台ほどだったようです。

追記
電話の通話とは、郵便局に電話回線が開通したことを指すようです。

 

|

« 月潟劇場、OPEN。 | トップページ | 電気と電話と水道 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。

営業中でも、暇な時間が多いですから、かといって出かけることも出来ませんし。

投稿: もうぞう | 2018/09/30 07:00

もうぞうさま
色々調べられなすね~
凄い 頭が若いんですねぇ~ 
ボケ頭では疑問すら起きません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018/09/29 19:46

玉井人ひろたさま、こんばんは。

我が方よりやや遅かったようですね。
しかし電話線は全国に繋がっている。海外とも海底ケーブルで繋がっている。
なんて考えると、すごいな~って思いますね。

一方で、ケータイやスマホは無線で全国と繋がっている。
これも凄いことです。

投稿: もうぞう | 2018/09/25 18:59

我が村の電話交換が始まったのはたしか・・昭和40年で、自動交換になったのは昭和51年でした。

投稿: 玉井人ひろた | 2018/09/25 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月潟劇場、OPEN。 | トップページ | 電気と電話と水道 »