新潟市 地域のお店応援商品券

10,000円で13,000円分利用できる商品券が、発売されます。今、予約受付中。

大型店は使えませんので、利用価値が少ないとお嘆きの諸兄に、
例えば
理容料金4,000円なら3回利用しても、1,000円分余ります。

つまり1回あたりの散髪料金は、3,333円となり、さらに1,000円分余ることになります。
お得です。

ただし使用期間は4ヶ月半ですから、注意が必要です。

が、価値は十分ですぞ!!

 

| | コメント (0)

1回限りでは、メリット無し。

当理容組合は、最低でも月に5,500円程度の組合費を収めています。
理容椅子の台数や加入共済によって違ってきます。

新型コロナのせいで、収入が減っているとのことで、その組合費を減額するというのです。
その金額約3,000円。
たいした英断なんです。拍手喝采!

しかし1回限りで終了。
集金担当者は手間が増えるだけ?

 

| | コメント (2)

いつもより3ミリ短く。

なじみのお客さん(女性)ですが、「いつもより3ミリほど短くしてください」
「え”3ミリですか?」

われわれの仕事は、物差しで測って切っている訳ではありません。そのお客さんも理解はしているはずですが、ハッキリと3ミリなんて言われると
こちらとしてもドギマギしてしまいます。

通常、このような場合は、「気持ち短めに」とか、「少し短めにして」とか言いますね。

いろいろなことがあるものです。

| | コメント (2)

当店が消えた。

久しぶりにGマップで、調べていたら、なんと当店が見つかりません。
すぐ隣奥のK美容院はしっかり出ているのに。

おまけにその美容院をタップすると、なんと当店の画像が出てきます。

編集者がミスしたのでしょうか?

気分悪いですね。

その後、アクセスしたら今度は出ましたね~
不思議ですね。
文句つけたら聞こえたのかな?

 

| | コメント (2)

社会(人)を守る皆(理容)の力

と題された、ハガキが届いた。

差出人は、大森利夫全理連理事長である。

一時理容業も休業すべきとの意見があったが、(我々組合も)政府からも頑張ってもらって、休業対象業種にしなかった。

その代わり、この業界からクラスターが出ないように、日々注意して営業に励んで欲しい。

って言う内容ですね。

消印が薄くて、どこから投函したのか?


 

 

 

| | コメント (2)

家にこもる

新型コロナウイルスの影響で、人混みのところに行く気にはなれません。

万一お客様にうつしたら、たいへんなことになりますからね。
休みになっても家にこもって、なるべく外出しないようにしています。

しかし新潟県は、
退院した人数:29人、感染者数:45人ですから、現在の入院数は16人。
死亡者:0人です。
まずまずの結果でしょう。

4月14日現在。

| | コメント (3)

ロックダウン

ロックダウンは、都市封鎖のことらしいですが、総理などは緊急事態宣言と言い換えているようです。

それはともかく、

そうなると、理容店も開店出来なくなる可能性が、十分です。

ま~田舎の理容店は該当しないかもですが、
もし発令されれば、2週間ほどの大連休になりますね。

とは言っても、旅行に行くわけにも行かないし、困ったことになりそうです。


| | コメント (2)

クラスター発生のリスク

1)密閉室内で換気が悪い。
2)近距離での会話や発言。
3)手の届く距離に多くの人。

以上が3大リスクだと言われています。

では、理容店でどうか?

1)密閉室内ではありますが、換気は悪くないです。当店は空調換気扇をつけています。もう少し暖かくなれば窓を開けますし。
2)近距離での会話は、間違いなく存在します。お客さんはマスクをつけることが出来ませんしね。
3)近くに多くの人に関しては、近づくのは1人か2人ですから、該当しないと思われます。

だれでも感染したくない、させたくないと思っているのですがね~

| | コメント (2)

経営者ですから。

理容組合でも年度末になると、「総会」が開催されます。

昭和時代は、定休日・料金・営業時間が関心事で、議題の中心でした。

なんでそんな事が?
と若い頃は思ったのでありました。
規模は小さいですが、個人経営者の集まりですから、組合にたよらず自分で判断すれば?って常々思っていましたからね~

しかし時とともに、それらの議題はだんだん関心が薄れていったようです。

経営者意識が育ったのでしょうか?
いや諦めムードかな?

一番影響を与えたのは、いわゆる格安店だと思われますね。

| | コメント (4)

理容店も禁煙。

今年4月1日から、受動喫煙対策が厳しくなるようで、すべての理容店舗でも喫煙が出来なくなります。

喫煙室を設ければOKなのですが、理容店で喫煙室を設ける余裕がある店は、ほぼ皆無でしょう。

禁煙のポスターでも欲しいところですけどね。


| | コメント (2)

«毛が無いからこそ難しい