こんなところでアート作品

普通は撮影しない場所だと思いますが・・・

Dsc01811

面白く写ることがあります。

Dsc01816
上手に当たり前に撮ろうとすると、こんな程度ですね。

つまり、ぶれた方が、アートだ!?なんてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

邪魔者は消せ!

現美新幹線の画像で、邪魔だった太い電線を、スポット修復ブラシツールを使って無くしてみました。

Imgp8999sen
左下の細い電線を消す方が、難しいと思われます。
よって残しておきました。
                                                               

| | コメント (10) | トラックバック (0)

現美新幹線は見るだけです。

春の大型連休から土日祝日を中心に運行されている「現美新幹線」

撮ってみたい気はあったが、このあたりでは高架を走るので、近づけば見えないし、遠ければ大きく見えませんし、ハッキリとは写りませんからね。

Imgp8965
中ノ口川、橋の上から手持ち撮影。ハッキリしません。1/400秒

Imgp8999三脚使用で少しはマシに? 1/2500秒

いずれにしても電線が邪魔です。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

魚眼でみれば。

お馴染みの光景も・・・

Imgp8944

Imgp8948

Imgp8949

Imgp8950

Imgp8952

Imgp8953

デフォルメされた画像が面白い。
が、それだけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪の青味を消す。

雪を撮ると、青っぽく写ることがよくあります。

Dsc01381

Imgp8976

Imgp8975111
思いきって色温度を7140Kにしてみました。
ソフトはペンタックスカメラに付属の製品です。

しかしどっちもどっちってところでしょうかね~

本当は、一番上をいじりたかったんですが、ペンタックスカメラでの撮影ではないので、出来ませんでした。                                                                   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベタ踏み坂

急な登山道などを撮影しても、見たようには写らないんです。
どうすれば急斜面に写るのか?

impact思い出しました。

「ベタ踏み坂」

アクセルを目一杯踏み込まないと登れないのではないか思わせる坂道(橋)
しかし勾配は、最大でも6.1%と発表されているので、そんなに急勾配ではない。

しかし写真で見ると、すごい。

これは望遠レンズによる圧縮効果ですね。

ならばこの方法で、坂道などを撮れば急坂に見えるのか?
Imgp8718

Imgp8716

E_dcim_115msdcf_dsc01253E_dcim_115msdcf_dsc01254

望遠レンズだとかなり離れなければなりません。場所によっては無理なところもありますし。
そもそも距離が短いからでしょう。
思ったより差が出ませんでした。

                            
                                                                

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スズメの近撮

たまたま見つけたスズメ。

Dsc00710

Dsc00714

いずれもオート撮影 ISO800 F4.9 1/30秒 ノートリ

じっとしているようでも、身体とくに首をチョコチョコ動かします。
もっと速いシャッター速度で撮れればハッキリしたと思いますね。
コンデジオートの限界はやはり低いようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

熱ノイズ

懲りもせずまだ撮っていますでの画像を、等倍まで拡大するとかなりのノイズ・熱ノイズが現れます。

Noizu
よく分かりませんけど、これは連写のためにノイズリダクションが作動しないためでしょうか?
または、比較明のために加算された可能性も考えられます。

画像処理ソフトで、少しだけなら低減できますが。

とは言え、通常ではあまり気にならないレベルなんでしょうけどね。

ところで熱ノイズが発生しやすい条件は、ISO感度を高くした時や、長時間露光をした場合におきやすいですね。
つまり暑い時の方が多い?

星空撮影のプロ級の方は、冷却CCDカメラなどを利用されているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懲りもせずまだ撮っています。

Hosizora総計72分。ISO800/F4/15sec

Hosizora1総計90分の露光。ISO1600/F4.5/13sec/414コマを比較明合成

空の色が微妙です。面白いものですね。

光跡撮影ですと星の光が弱くてもそれなりにハッキリ写るので、市街地でも結構有効な方法ですね。
しかしまだまだ思うような作品は出来ません。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

月と星

金星(右)と木星と月ですが、
月は月齢4.9(5月23日)ですから、結構細く見えています。

でも写真に撮ると

Dsc00603
ISO800 F3.2  2sec

満月のように写ります。ピントが甘いのも一因?

月に露出を合わせると、星は多分見えにくくなると想像できます。

Dsc00607
露出を抑えれば、三ヶ月になりますが、全体に暗くなってしまいます。

                                                                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧