プロモデルなみ

T  さんは、一回りくらい先輩で、なにかとご指導いただいている方です。
そのTさん、
ある広報誌に顔写真が載っていました。
この写真の出来がすこぶる良いので、気になっていました。

後日、
お目にかかる機会があったので、伺いました。

「あの写真は素晴らしい出来ですね。プロが撮ったものでしょうね」
「そうです。ご存じでしょう。Y写真の方ですよ」

「もちろん存じております。しかしそれだけじゃ無いでしょう?何というか、撮られ方もプロですよね。つまりプロのモデル並ですよ」
「まさかそれは無いですよ。写真家の指示に従っただけですよ」

と、謙遜されていたが・・・

ご覧に入れられないのが残念ですが、素晴らしい写真なんです。

もっともそれなりに高齢者の男性の写真ですから、みなさまの興味はイマイチ?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

星の光跡

久しぶりに星空を撮ってみました。
しかし、出来映えは???

Output_comp1ISO800 F5  8sec×345コマ

もう少し明るめでも良かったようです。
F5はミスでした。F4かF3.5にすべきでした。もしくはISO1200程度か?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桃源郷

この時期、サクラに引き続き、桃や梨の花が咲いて、場所によっては桃源郷のようです。

Imgp9542
守門岳をバックに。

Imgp9544
こちらは粟ヶ岳です。

Imgp9545ISO200 F10オート(1/320)
撮影地:加茂市

         Imgp9551こちらは西蒲区で撮影。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ボツにするつもりでしたが、みなさまのご意見を伺いたくて。

もう1枚の寄り添う桜

Imgp9509人物が入っていて良いのですが、バックが煩雑でサクラ自体も混み合った印象?
色も淡すぎる?
最初の写真はこちら

以下はおまけ。

Imgp9505角田山をバックに、菜の花を大きく入れて。

Imgp9506

角兵衛獅子像とかぼちゃ電車。

Imgp9526

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

でかいちご

Imgp9124
もっと工夫が必要ですね。

                                                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなところでアート作品

普通は撮影しない場所だと思いますが・・・

Dsc01811

面白く写ることがあります。

Dsc01816
上手に当たり前に撮ろうとすると、こんな程度ですね。

つまり、ぶれた方が、アートだ!?なんてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

邪魔者は消せ!

現美新幹線の画像で、邪魔だった太い電線を、スポット修復ブラシツールを使って無くしてみました。

Imgp8999sen
左下の細い電線を消す方が、難しいと思われます。
よって残しておきました。
                                                               

| | コメント (10) | トラックバック (0)

現美新幹線は見るだけです。

春の大型連休から土日祝日を中心に運行されている「現美新幹線」

撮ってみたい気はあったが、このあたりでは高架を走るので、近づけば見えないし、遠ければ大きく見えませんし、ハッキリとは写りませんからね。

Imgp8965
中ノ口川、橋の上から手持ち撮影。ハッキリしません。1/400秒

Imgp8999三脚使用で少しはマシに? 1/2500秒

いずれにしても電線が邪魔です。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

魚眼でみれば。

お馴染みの光景も・・・

Imgp8944

Imgp8948

Imgp8949

Imgp8950

Imgp8952

Imgp8953

デフォルメされた画像が面白い。
が、それだけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪の青味を消す。

雪を撮ると、青っぽく写ることがよくあります。

Dsc01381

Imgp8976

Imgp8975111
思いきって色温度を7140Kにしてみました。
ソフトはペンタックスカメラに付属の製品です。

しかしどっちもどっちってところでしょうかね~

本当は、一番上をいじりたかったんですが、ペンタックスカメラでの撮影ではないので、出来ませんでした。                                                                   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧