釘さし

先日「釘さし」が話題に登りました。
我々が子どもの頃に、流行った遊びです。

大まかな記憶はあるのですが、具体的にはどのようにおこなったのか?ルールはどうだったのか?
覚えている人はいませんでした。

それならばと、ネットで調べてみると、出てきます。

これが?そうだったのかな~
記憶は曖昧ですが、だんだん思い出してきました。

さらにいろいろ調べてみると、釘を使った陣取りゲームと言うのもありました。
私が記憶にあったのは、こちらの方だったようです。

さらに、昔のことに詳しそうな方に聞いてみるつもりです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新潟電鉄開通ポスター

齋藤家別邸で見かけた新潟交通電車線の開業時(1933年)ポスターによれば・・・

Dsc01057
停車駅は、県庁前・白山駅前・東関屋・平島・焼鮒・大野・木場・板井・吉江・味方・白根・月潟・六分・新飯田・小中川・灰方・燕の全17駅だったようです。

しかし「白山駅前」私は分かりませんね。しばらくして廃止されたようです。
なお1985年「県庁前駅」は、県庁舎移転に伴い「白山前駅」に改称されている。

白山駅前と白山前駅、まぎらわしいですね。
もっとも白山駅前が残っていたなら、白山前駅とは、付けなかったと思いますけど。


その後増設された駅は、東青山・寺地・ときめき・黒埼中学前・新大野・味方中学前・千日・曲で、これではスピードアップが出来ないわけですよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

映画ポスター

もっとたくさんあったと思ったんですが、残っていたのは5枚だけ。

Imgp8464

シミが出たりしているので、保存しても何の価値もないでしょう!
カメラに収めて廃棄しました。

5タイトルすべて分かったらすごいな~なんと言っても古いですからね~                                                                

                                                                   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

昔、自動車は冬眠した。

その昔、雪国の道路の多くは、除雪をしなかった。
除雪車など無かったのだから当たり前だが・・・

当然自動車は、走れないので、春まで車庫などに格納されました。

そのため自動車税の減免があったんですね。
最大30%オフです。

ご存じでしたか?
っていうより、「嘘でしょ?」


ちなみにその法律は、豪雪地帯対策特別措置法と言います。

 


                                                                      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

稲架木に花火

Kanbara
新潟平野名物の稲架木も少なくなりました。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟交通電車線さよなら記念

新潟交通電車線が廃止になるとき、沿線の郵便局が発行した記念スタンプ帳です。

Kaboden1

Kaboden
中はこんな感じです。
左から、月潟・白根・味方・大野町・青山・関屋の各郵便局の消印が。

ほかに穂苅春雄画伯の絵はがきセットが6枚も。原画はどこに?

1999年ですから、もう15年も経ったんですね。

なおこれは何かの謝礼で頂いたように記憶しています。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

建前

近所の新築住宅で、建前をやるとの噂がありましたが、餅をまくかどうかは、分かりませんでした。

今日になって「餅もまくよ。でもほとんどお菓子ですけどね」との情報が入りました。

時間になると、どこからか集まってきます。

予定よりやや遅れて・・・

Maku

Maku1
撮影は家人。

遺物的な行事になりつつありますが、良いものですね~

それにしてもこの辺のばあさんも、大阪のおばさんに負けないほどたくましく拾っていたそうな┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

早乙女に見る蒲原の光景

蒲原平野の風景は、横山操・佐藤哲三など多くの画家が描いている。

Saotome
絵画提供は小湊氏

写真は、昭和30年代後半の蒲原平野と早乙女を描いた当地の五十嵐勉画伯(故人)の日本画である。

当然まだはざ木も多く残っていた。
しかしモデルの服装がキレイすぎるよな~あくまでモデルなのか?

カメラで例えると、かなりの広角レンズを使用している描き方である。


なおガラス額装なので、正面から撮ると反射がすごいため、あえて斜めから撮影。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

残しておきたいさとことば 番付表

これは平成15年に、当時の中之口村公民館の主催で、発行したものです。

東:横綱から大関・関脇・・・
なじらの・ごっつおらったれ・おおきに・ごなごなした・かくせつ・・・

西
じょんのび・だっくらした・やすまっしゃれ・よっぱら・だてこき・・・

私でも意味不明なのは、「かくせつ」です。「お楽しみ会」のことであるとしています。
また「おおきに」は「ありがとうね」の意味だとしているが、関西方面の「おおきに」と同じですよね~

他には、
ど・かくし・あめる・はらくち・だりこっぺ・・・など全96を番付表仕立てで収集。

本来の意味と違うのは、「やま」「やめる」
「つぁつぁは、やまに行ったれ」=「父は田んぼ(畑)に行きましたよ」
「きんのから、肩がやめて困るて」=「昨日から肩が痛くて困ります」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

かぼ電保存会 活躍す。

型連休なのに、かぼちゃ電車保存会では、駅舎と電車内部の一般開放を実施中(6日までの予定

Densya3
駅舎の北側に駐車場があります。

Densya2
祝日バージョン。

Densya
かぼ電モデルが走るのは、かぼ電の中ですよ。

保存会の他、鉄道模型会?の協賛だと言うことです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)