幟旗

お祭りなどで掲げられる幟旗、境内の入り口付近にペアで掲げられるのが、一般的だと思います。

Imgp9552

ところが・・・

Imgp9551

神社から少し離れたところにも、建っています。

理由は以下の通りです。
そもそも昔は、我が村(地区)の主要な入り口にそれぞれ建っていた。
その数3~5基らしいです。

ところが船便が電車になったり、道路や橋が新しくなったりして、場所の変更が上手くいかなかった等の理由から、いつの間にか廃止されて残ったのは、ここだけ。
と、長老が教えてくれました。

理由を知れば納得しますが、今となっては、?と言うわけです。
あって悪いことは無いですが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中国雑技団

月潟大道芸フェスティバルの中でも一番人気だと噂の中国雑技団、今回はこれだけを鑑賞しました。

進行役が1人(男性)と演者は若い女性2人だけ。

Imgp9377
踊りながら瞬時に顔(仮面)を替える。たしかに人が多いな~

Imgp9380
2番手は、柔らかい身体がウリ。

Imgp9388

Imgp9392いよいよメインイベント。どんどん高く積まれる。

Imgp9397_2

Imgp9398屋根の高さに匹敵。
下にマットなどは無い。

Imgp9400_2お見事!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オフ ステージ

一般に舞台の演舞だけを写してもありきたりで、作品としての評価は低いようです。

そこで狙うのが、オフ ステージ フォト。

Imgp9296

Imgp9297

Imgp9298

Imgp9300

いずれも退場時のものですが、「作品」と言えるほどのものは、ありませんでしたね。
お騒がせしました。

しかし獅子頭は、何の羽根でしょうかね~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

生演奏で屋外特設ステージはn十年ぶり。

Imgp9182

Imgp9203

Imgp9214

Imgp9222

Imgp9239

Imgp9258

Imgp9273

Imgp9286

Imgp9290

Imgp9291

全40分。
囃子方は途中で交代した。
口上と太鼓は1人で2役。古い録音と違って音は明瞭、ハッキリと聞き取れる。

これで民俗文化財としての価値が高まったというものです。
しかし囃子方の立ち位置は、場所がないのか?どうか知りませんが、なんか不自然さが。

スチール写真では、限界がありますね。
動画をアップしている方も、いらっしゃいますから探してみてください。

                                                                     
                                                                      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

近隣の伝統芸能

近年月潟まつりでは、伝統芸能フェスティバルと銘打って、各地の神楽舞や獅子舞を招聘しています。

今年は、子成場の獅子舞・新崎樽きぬた・三条神楽でした。

子成場の・・・は、間に合いませんでしたが、後のはジックリと拝聴いたしました。

Imgp9165
平均年齢が若く、ダイナミック。
思いの外いい音がする。なんでも専用に作ってもらう樽だそうです。

Imgp9168

Imgp9174
三条神楽。
三条の各神社で保存されているというが、私は知りませんでした。
                                                                    
その後は、角兵衛獅子が・・・連写撮影のため画像整理に時間がかかりそうです。

ところで下の画像、会場の神社境内ですが、どこか変なところがあります。

Imgp9176
そう、神社拝殿の屋根の・・・

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

町内の提灯

当地での祭礼は、年3回。
地元鎮守「白山神社」の春期祭礼と秋期祭礼。それに6月の角兵衛地蔵尊まつりである。

角兵衛地蔵尊まつりは、ちょっとは有名ですし、賑やかですが、あとは名前だけのまつりなんです。

唯一まつりである証は、写真の提灯=町内提灯を飾ることくらいなものです。幟旗も立てないのですからね~
代表者による拝殿でのお祓いは、ありますけど。

Dsc01466

町内提灯と言われ、各町内ごとに飾る風習がある。
暗くなれば点灯する。

しかし面倒なのか、雨が降りそうだとか、風が強いだとか理屈をつけて飾らない傾向が強まってきている。

しかし、他所でもこのような町内提灯を飾る風習はあるのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おぶくさま

漢字では、御仏供様。

供物全般の事かも知れないが、狭義(我が家)では、お仏飯のことである。

Dsc01256

仏壇に3器。
右の白いのは、神饌。つまり神棚用です。神棚は生米を供える場合もあるやに聞きますが。
ご飯を炊いた日には、必ずお供えする。これが我が家の伝統です。

しかしそろそろ改革しても良いのかな~と思っているんですが・・・

一般のご家庭ではどうされているのでしょうかね~

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

大囃子祭

Image1
澤田さまから要請のあった角兵獅子の写真を使った「大囃子祭」のポスターが完成したとのことで、データで送っていただいた。

見事な出来ですね。
お役に立てて幸いです。

お近くの方は、ぜひお出かけください。入場無料だそうです。
                                                                      

| | コメント (8) | トラックバック (0)

甦る!!角兵衛獅子囃子

Imgp8409
なんどかこのブログでも取り上げてきた角兵衛獅子の囃子方が、ようやく復活します。
その初披露が予定通り3月22日に開催されます。

しかし撮影禁止とは、とても残念ですね。
どうせ行けませんけど。

過去の関連記事

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鬼踊り

と言えば、三条の法華宗総本山本成寺です。

お経から始まったが、ハッキリ言ってつまらない。

Imgp8299
そして、いよいよ僧兵が現れる。

Imgp8301
頃合いを見て、黄鬼が・・・

Imgp8306
ぞくぞくと登場

Imgp8308
毛色の違うのは、三途川婆(そうずかば)だが、なにやらピエロのようだ。

Imgp8327
時々子どもや赤ちゃんを捕まえて泣かすが、この子は??

Imgp8332
いよいよ豆まきが始まる。

Imgp8337

Imgp8342
ついにやられる。

Imgp8346
終わってからも、鬼たちは大人気である。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)