雪山の雰囲気だけは

暇だけど、この雪ではね~
でも
恐る恐る護摩堂山へ

駐車場入り口付近の坂道に、登れない車が・・・
数人で押してもダメで、そのままバックして帰って行った。

さて駐車場には、1台しか止まっていない。
でも踏み跡はしっかりしているので、何の心配も無い。
全部で5人とスライドしました。

こんな日にも、いるものですね~物好きが!

Dsc02560
1人の人影が

Screenshot_20180206151336全くのハイキングコースです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

長靴を新調

コロンビアのラディ2と呼ばれている長靴です。多分?

Dsc02556
右側、穴が開いて(切れて)水が入って来ます。
昔なら修繕したのでしょうが、まさかね~

それにしても右の方がやや大きいです。履いてみてもそのように感じます。
しかしサイズは同じ「7」です。

いつの間にかモデルチェンジしたのでしょうかね~

で、試し履きに護摩堂山へ

Dsc02550
久しぶりに、三角点を目指します(ここから右に分岐します)

Dsc02551
三角点が見えました。

Dsc02553
いつもの山頂から弥彦と角田を望む。

Dsc02554
越の彼岸桜だったかな?
かなりの巨木です。

肝心の長靴の感想ですが、ピッタリですね。やや厚手の靴下ですと、窮屈かも知れませんけど。
                                                                


| | コメント (10) | トラックバック (0)

300名山=301座

「日本百名山」は、もうすっかりお馴染みになりましたね。
これは、深田久弥氏が、個人的に選定した山です。

さらには、こちらも有名になりましたが、「日本二百名山」
これは、深田クラブが百名山にさらにもう100山を追加したものです。

山好きの方ならご存じでしょうけど、「日本三百名山」もあります。
これは日本山岳会がさらに100山を追加したものです。
が、
200名山の荒沢岳を除いて山上ヶ岳を追加したものとあります。


つまり三百名山を全登破するには、301座(山)を登らなければなりません。

田中陽希氏の挑戦が始まります。
しかし先日のNHKプレミアム、グレートトラバース3 プロローグでは、かなり難儀をした模様です。
大丈夫かいな?

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初登山はお馴染みの・・・

今日の天気予報は、良くないのだが、午前中から晴れ間も見え始めた。
午後から来客が予想されるが、午前中は出かけても良さそうである。
と言うことで、
初登山は角田山。

Dsc02515

Dsc02508
注連縄や紙垂も新しく、正月気分をもりあげる。

Dsc02511
山頂の雪は、かなり少ない。

Dsc02513
蒲原平野、雪は見えない。

Dsc02514
越前浜方面であろうか?八合目から。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ついでにトレッキング

今回の忘年会は、湯田上温泉で現地集合だという。
それなら、護摩堂山に登らない手は無い。

と言うことで、午後3時過ぎにチェックインしてから、登ってきました。

Dsc02477

さすがに雨が降りそうなこの時刻ともなると、人出はまばら。駐車場は数台だけ。

Dsc02478
山頂西側、展望ならず。低く雲が垂れ込めて今にも雨が降りそう。

Dsc02479
一部で、灯りが見え始めました。

Dsc02482
まだまだ現役で輝いているモミジも・・・

旅館に入ったのは、4時半でした。
温泉につかれば、これはもう極楽極楽。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トレーニングを兼ねて

五泉市から見た飯豊連峰(ごく一部)があまりに綺麗で、手っ取り早く見ることが出来る角田山に急遽行くことにしました。

が、時間が経ってややもやってきました。

Imgp9797

Imgp9798新潟市街地越しに見える山は、月山か?
鳥海山は確認できませんでした。

Imgp9799
山頂

| | コメント (6) | トラックバック (0)

YAMAP

YAMAP※によれば、高低差303m。累計標高上り307m/下り4m
活動時間48分(上り)

1509953960086

以上は、角田山五りん石コースの今日の私のデータです。
正確とは言い難いですが、目安にはなりますね。
※YAMAPとは、スマホ用地図アプリで、主に登山に使う人が多いようです。無料。

それにしても遅い。やはり心肺機能が弱ったのだろうか?

Imgp9772
天気が良いので、観音堂まで足を伸ばすが・・・

Imgp9774

Imgp9777

Imgp9778

Imgp9780

| | コメント (8) | トラックバック (0)

紅葉の谷川

登山の形態としては、ソロ登山とグループ登山に分けられます。

どちらも一長一短がありますね。
高齢者になればなるほど、グループの方が安心です。

今回も楽な、ゴンドラを利用して天神尾根を登るルートです。
出発時刻は、山頂でお昼になるように、逆算します。
すると遅くとも6時20分です。

単独の場合は、目が覚めたら出発できますが、グループですと待ち合わせ時刻ならないと行動できませんからね。

ちなみに我が家に到着したのは、ちょうど12時間後の午後6時20分でした。

Dsc02447

Dsc02450

Dsc02453
肩の小屋前11時半頃

Imgp9745
オキノ耳

Imgp9750
トマノ耳1963m

Imgp9752

Imgp9753

Imgp9756
オキノ耳1977m

Imgp9763

Imgp9766
万太郎山方面

| | コメント (8) | トラックバック (0)

時々渋滞です。

9日体育の日、まずまずの天気に恵まれた上越国境。

人出もなかなかのものでした。

Imgp9757

山頂の標識横で撮影するために、順番待ちが・・・
もちろんここでお昼を食べる人も多い。

ちなみにこの画は、双耳峰の一角です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

国上山と五合庵

4月でしたか、国上山に登り始めたら、雨が降ってきた事がありました。

また近くまで来たので、リベンジよろしく登ってきました。

Dsc02401
313mの山頂まで20分ちょい。

Dsc02404
大河津分水方面の見晴らしの良いところがあります。

Dsc02407
良寛禅師でお馴染みの五合庵。

Dsc02405
もっと近いと記憶していたが、結構歩きでがあった。

                                                               

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧