大雪時チェーン義務化

大雪で立ち往生が予想される時や区間(全国的に)で、すべてのクルマを対象にタイヤチェーンを義務化すると、地元紙がトップで伝えていた。
その区間は近々発表するし、また区間を拡大するとも記している。

4WD車も含むのだろうか?

しかし今時チェーンなんか,雪国新潟でも持っていませんよ。

購入するとなると、1~2万円ほど。1台に付きですからね。
それより気になるのは、上手く装着出来るか?
雪は降るし寒いし、手はかじかむ。場合によっては泥水が垂れてくることも。

こんな時は、ジッと家で待機するのが一番ですけどね~
またはこんな状況にならないことを願っています。

 

| | コメント (4)

レジ袋は必要です。

新潟市では、ごみの分別は、大きく分けて10種。

①燃やすごみ・②燃やさないごみ・③粗大ごみが有料。

④指定5品目(電池や蛍光灯など)
⑤プラスチック容器包装
⑥ペットボトル
⑦飲食用・化粧品瓶
⑧飲食用缶
⑨枝葉・草等
⑩古紙類

以上は無料で、レジ袋など半透明か透明の袋に入れて出します。

⑦はコンテナ収集です。
⑨⑩は結束でもレジ袋でもOKです。

我が家では1ヶ月に、15個以上の袋が必要となっています。

スーパーなどでの買い物は、トートバッグは必携ですが、入りきらないことも多々あります。
コンビニやホームセンターなどでは、しっかりレジ袋に入れてもらいます。

その他、レジ袋は品物の保存にも使えますし。

レジ袋だけをごみとして扱ったことはありません。

| | コメント (8)

おめさん

とは、
「あなた」の意ですが。

あなたと同じように、目上の人には使いにくい言葉です。

先日写真の届け物をしたんですが、留守だったようで郵便受けに入れておき、翌日になってから電話で報告をしました。

すると、よく知っているその人は「あ、おめさんだったんかね」と、言いました。

しかし年下の人からおめさんと言われると、違和感があるような気がしました。

では、なんと言うべきか?
「あなたさま」「おたくさん」とか、色々ありますが、どうもピンときませんね。

「あ、○○さんでしたか?」って名前を使った方が良いとは思いますが、とっさの時に言えるかどうか?
難しいところですね。

| | コメント (6)

正直なお店(店員)

母はかなり高齢だが、まだ元気で終活なんて目じゃないようで、自分の趣味性の高いものは、自分のお金で買っています。

年金は少ないですが、生活費はいっさい不要なのだから、結構お金には困らないようです。

かと言って、自分で貯めたお金を残して逝くのは、無念だし?
時々高額?な商品を欲しがるのでしょうね~

今回は、なにやら家具の類が欲しいとか始まりましてね。
言い始めたら買うまで治まりませんからね。それでY家具店に行きたいと。

そしてお店で、
たまたま近くにいた店員氏からいろいろ相談に乗ってもらう。

「これでお願いします」と言ったら。
「数日後にまた来れますか?」みたいなことを・・・

「いいえ、結構遠いから無理ですよ。でも何でですか?」
「その日売り出しなんですよ。お安く出来るんです」

だまって売っちゃえば良いのに。正直で好感が持てました。

続きを読む "正直なお店(店員)"

| | コメント (6)

暗闇でも強いのが・・・

Dsc02881_2
ISO2500/F1.8・1/8sec

プレミアムおまかせオートでの撮影です。
この方式、場合によっては、何度もシャッターが切れます。
この画も4~5回は切れたようです。
そして合成して1枚の画にします。よって連写には向きませんが、こんなに暗くても手持ちで撮れます。

それにしても暗い街並みです。午後7時前の撮影です。
この画から見える灯りのほとんどは街灯です。店舗はすでに営業を終えたか?廃業してしまいました。

| | コメント (4)

「お○○○」

多分高校の時の話だと思うのですが、「お」のつく言葉は丁寧な良い方である。
しかし「お酒」「お塩」「お砂糖」ましてや「お酢」なんかは、おかしな言い方であろうと、結論づけたように思います。

さらに問題になったのが、「おいしい」の「お」
これは「おいしい」で、一つの名詞を形成しているのでは?

するとある人?先生だったか?
「古文には、‘いしい’と言う言い方があり、さらには‘いと いしい’とも使われていた。と言うのである。

つまり「いしい」に、丁寧な言い方の「お」がついて、「おいしい」になったようです。

本当かな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

徴用工と抑留

徴用工問題がぶり返していますが、何が問題なのでしょう?

わたしが言いたいのは、シベリア抑留との差。
これこそ強制労働だと思われますし、多くの人たちが亡くなっています。

亡き父は、丸4年間抑留生活を送りました。
高齢になっても時々当時の話をしていました。

その補償金は、年金ではなく一時金で3回ほど。国債でまた旅行券で、最後は現金引換券?で全50万円近くいただいたようです。
しかしそれらはすべて日本国からでたものです。

ロシア(ソ連)に対して要求したとの話は、聞いていません。

日本は負けた国だから、しょうがないよ。と言う人がいますが、どうも納得出来ませんね。

| | コメント (6)

趣味なら楽しいのか?

Kさんは、包丁やナイフを研ぐのが、楽しいのだそうです。
たしかに綺麗になって、よく切れるようになれば、嬉しいでしょうね。

「YOUは、砥石も名倉も揃っているのに、なぜ研ぐのが嫌いなんですか?」って聞かれる。
「面倒だし、手が汚れるしね~それにどうも仕事の延長のような気がするんですね」

「そんなもんすかね」
「仕事だと思わずに、趣味だと思い込めば、趣味にしてしまえば、好きになれるのかもね~」

でも今さら趣味には?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いただき物。

この時期になると、ある頂き物が多くなります。
好きな人は好きなんでしょうが(当たり前か?)苦手の人も多いようです。

せっかく親切にもってきてくださるのに、断るのも悪いといただくのですが、なかなか減りません。
そうなんです我が家も苦手なんです。

上手く断るすべは、ないものでしょうかね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

親切心

もう80歳も後半だというご婦人だが、いたって元気で、コミュニティバスに乗って街まで出かけるのが大好きなのだそうな。

ところが、最近になって同居の若夫婦が退職したので、「出かけるときはいつでも送り迎えするっけ、バスに乗らんでくれ」と釘を刺されたそうな。

とは言え、送ってくれるのはありがたいし、初めの頃は良い返事だったが・・・だんだんとね~
だから、そう度々頼むのも気が引ける。
バスの方が気ままで良いのだが・・・

若夫婦が老婆を心配する気持ちも理解できるが、
それよりも本当のところは、「あの家の若夫婦は、年寄りを邪険にしている」などという噂を立てられるのが、いやなのだろう?

でも若夫婦と別居ならこれはこれで大変ですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧