べらぼうめぇ

寒い時期は、お風呂での事故が多くなるので、十分に気をつけるようにと、広報しています。

主たる対策は、ヒートショック、すなわち血圧の急激な変動を抑えるためなのでしょうが、

脱衣場や浴室を暖めておく。入浴前に水分補給を。心臓から遠い部位からかけ湯をする。浴槽にはゆっくりと入る。
お湯の温度は39度を推奨、それも半身浴が良いとか
全入浴時間は15分程度など、いろいろあります。

安全に入浴するなら必要なのでしょうが、少しくらいリスクがあっても気持ちよく入浴したい!
との思いからは、
青色の部分は、まるっきり不満です。

ある程度の血圧の変動にならせておくのも、選択肢の一つかと?無茶かな?

ちなみに我が家の浴槽の設定温度は、夏場で41度。それ以外で42度です。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

薬が増えました。

「不整脈があるようですね」
「へぇ?」

「しばらく薬をのんで経過をみましょう」
「はあ~」

「リスクは、どうとかこうとか◯♯▼□◆$ΨΞ∞Θ・・・・」
「運動は?私、山に登るんですが?」

「この程度なら、問題ありませんよ。ただ異常を感じたらすぐに中止、休息してください」

一安心だが、無理は出来ないし、近い将来‘ダメ’って言われそうですね。
その時はその時で新しい張り合い(生きがい)を見つけるのでしょうね。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

居眠り

居眠りとは、なんとも気持ちの良いものですが、やってはいけない時や場所があります。

代表とも言えるのが、クルマの運転中でしょう。


理容店や美容店では、よく眠ってしまう人がいます。
その他では、電車やバスなどの乗り物とかもよく目にしますね。

図書館やせっかくお金を出して入場したコンサートなどでも、まれに眠ってしまう人がいます。

さらに入浴中とか、座れなくて立ったままでとか、歯科医院にかかりながらなどという強者もいるようです。
私には、とても真似できません。

なにしろ夜、横になっても寝付きがわるいのですからね~

ところで私はこんなところでもsleepy眠ったことがある。なんて拝聴したいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マイナス2㎝

成人してからと言うもの、身長を測る機会はメッキリ少なくなります。それもそのはずでほぼ変わりませんからね。

久しぶりに健診で身長を測りました。

最盛期より約2㎝down低くなっていました。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
ある程度は予想していましたが、まだ先のことかと思っていましたので、ちょっとショックですね。

これからまだまだ減っていくのかと思うと憂鬱になります。

でも、重大な病気が発見されたわけでも無し。
身長くらい気にしない気にしない。ってことですよね。┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歯磨きは10分です。

さて私、歯医者さんが嫌いで、ずっと行っていませんでした。
痛たみとか自分で分かる異常などもないわけですから、なおさらですが・・・

しかしそろそろ行っておかないと、後々困ることになるのでは?

思いきって門をたたきました。

問診やレントゲン、歯の磨き方など、なんだかんだと、1時間。

「次回は、歯石や歯垢取りをやっていきますね」だって。

いったい何回通えば良いのやら?

Imgp9568この歯ブラシは、なかなかよろしいようです。

しかし普通の歯ブラシで、4~5分。
これで1~2分。
歯間ブラシで、1~2分?
デンタルフロスで2分?

10分もかかりますよね。

もっとも1ヶ月もすれば、元に戻るか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Mサイズ

ここ数十年(大人になってから)、衣料品はMサイズを購入すれば、まず間違いがありませんでした。

ところが近年、ものによっては、窮屈感を覚えるようになりました。
主に腰回りですけどね。

身長は変わらないのにね~ いやむしろ低くなった?


体重は、6~8Kg程度増えましてね。ほとんどが腰回りについたようです?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鼻からそれとも口から

ある病院新聞によると、
当院での胃カメラは、経口内視鏡と経鼻内視鏡を選ぶことが出来ます。

経口内視鏡は直径10mm程度だが、経鼻内視鏡は直径5mm程度だという。

経鼻の方が不快感や吐き気が大幅に軽減されると謳っています。

そこで疑問ですが、なぜ経鼻は細く、経口は太いのか?

経鼻の方が新しいから?
太いと鼻から入らない?
カメラの性能が落ちるから?
また、機能が少ないとか?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カルテの保存は5年。

久々に右腕に痛みやしびれを感じたのですが、しばらくすれば治ると様子をみていたんですが、いっこうに治りません。

ずっと以前にも同様の症状がでたことがあります。
病名も想像できます。

初めての時は、まるで分かりませんので、整形外科で診てもらい薬をのんだからか?時間が経ったためか?いつしか治りましてね。

以前かかった医院の診察券があったので、そこに行ってみました。

「こんなのがあるんですが?大丈夫でしょうか?」
「はい、大丈夫ですよ。カルテは残っているハズです」
6年ほど使っていない診察券だと思っていたが、係に尋ねるとちょうど10年前だったそうです。

そのカルテ、あまり参考にはならなかったようで、まったくの初診と同様でした。
当たり前か?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本の受動喫煙対策は時代遅れと、WHO。

確かに先進国では、最下位を争うほど、対策が遅れているようです。

また日本での受動喫煙による年間死死亡者数は、15000人との報告があります。

それでも今現在日本は、世界でもトップレベルの長寿国です。

受動喫煙対策が完了したなら、ますます長寿が進み、2位以下を寄せ付けない長寿国になる可能性が高いのです?

かといって、医療費は期待した程、いやほとんど下がりません。
その上、年金の支払い分ばかりが増大することになるのです?
対策が進まないわけです。
その本当の理由は言うまでもありませんけどね。

あっ、ちなみに私はタバコは吸いません。
                                                                      

| | コメント (6) | トラックバック (0)

478呼吸法

一般に歳をとると眠れないと言う話は、良く聞きますね。

わたしも例外ではありません。

眠りにつける方法をネットで探していたら、478呼吸法が良さそうだというのでやってみました。

これは、4(秒)息を吸う。
7(秒)息を止める。
8(秒)で口から息を出す。

これを数回繰り返すだけです。

確かに効果はあるようです。

興味のある方、睡眠に不安のある方 「478呼吸法」で検索してみて下さい。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)