« いちがいこき | トップページ | 平成も終盤か~ »

メキシコ産の・・・

アスパラガスの旬はいつなのか?
よく分かりませんが、多分これからのような気がします。

でもスーパーなどでも、よく見かけますね。
それもメキシコ産! 3本で200円程度?が目に付きます。

メキシコ?
それだけで買う気が失せます。

航空便か船便で来るかは分かりませんが、少なくても1週間以上はかかるのでは?

果実ならまだ分かりますが、いわば新芽をですよ。

思ったより見た目は悪くないのですがね~

近所で栽培している農家の方から譲ってもらうアスパラガスとは、比べものにはならないでしょう。


|

« いちがいこき | トップページ | 平成も終盤か~ »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

いや~ほんと勉強になります。
ありがたいことですね。

投稿: もうぞう | 2019/03/22 18:52

もうぞうさま
今晩は~
私も玉井人ひろた さまの※で初めて知りました。
一つ知識が増えて感謝です。
凄い世の中になりましたね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2019/03/21 20:11

玉井人ひろたさま、こんばんは。

裏情報とも言うべきで、ありがとうございます。
そこまではとても知りませんでしたね。
凄いことになりつつあるんですね。

しかし選挙関連で「日本は自動車がダメになったら、売るものが無い」って、現政権を批判していましたが、
ほんとですよね~

投稿: もうぞう | 2019/03/15 19:57

吉田かっちゃんさま、こんばんは。

でしょうね。
もっともその昔は、アスパラガスは白アスパラで缶詰しか見たことがありませんでした。
食べた記憶もありますが、クシャッとして美味しいとは思えませんでした。

投稿: もうぞう | 2019/03/15 19:52

日本の農家の端くれとしては、とても言い難いのですが・・・

実は2015年ごろから、メキシコ政府はアスパラとブロッコリーの需要がアメリカで多いことに目をつけ、国家プロジェクトとして外貨取得の為この農産物の増産と輸出に力を入れ始めたのです。

アスパラは寒冷地を好む植物で、メキシコの2000m近くの高地が適し、さらにメキシコは乾燥しているので‘病気になり難くい’ので農薬による消毒も要らない

輸送は鮮度が命のアスパラは空輸に決められ、さらに国が鮮度を保つ設備を準備し、徹底管理がなされているそうです。

収穫、選別、出荷、現地到着まで、アメリカは当日、日本でも1~2日しかかからないのです。

つまり、ほぼ国内産と変わらないくらいの日数で店舗に並ぶというわけです。
しかも、徹底管理された新鮮な状態で届くようです。

まだまだ、輸入が増えそうです

投稿: 玉井人ひろた | 2019/03/15 11:08

いろんなものが出て来るでしょうね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2019/03/15 10:40

ローリングウエストさま、おはようございます。

TPPはいいことずくめのように、アナウンスしていますが、そうとばかりも言えないところがあるように思われます。
実際に運用すれば、疑問点などが浮かんでくると思います。

投稿: もうぞう | 2019/03/15 07:20

これもTPPの影響が早速出ているのでしょうか?

投稿: ローリングウエスト | 2019/03/14 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ産の・・・:

« いちがいこき | トップページ | 平成も終盤か~ »