« 徴用工と抑留 | トップページ | 暗闇でも強いのが・・・ »

「お○○○」

多分高校の時の話だと思うのですが、「お」のつく言葉は丁寧な良い方である。
しかし「お酒」「お塩」「お砂糖」ましてや「お酢」なんかは、おかしな言い方であろうと、結論づけたように思います。

さらに問題になったのが、「おいしい」の「お」
これは「おいしい」で、一つの名詞を形成しているのでは?

するとある人?先生だったか?
「古文には、‘いしい’と言う言い方があり、さらには‘いと いしい’とも使われていた。と言うのである。

つまり「いしい」に、丁寧な言い方の「お」がついて、「おいしい」になったようです。

本当かな?

|

« 徴用工と抑留 | トップページ | 暗闇でも強いのが・・・ »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

ほんとですね。
なにかと頼りになりますね。
ありがたいことです。

投稿: もうぞう | 2018/11/06 17:52

もうぞうさま
こんにちは~
お 接頭語として使われるのでしょうが、いしい は知りませんでした。
玉井人ひろたさまは凄いですね。~\(◎o◎)/!です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018/11/06 09:07

玉井人ひろたさま、こんばんは。

頼みの綱なの玉井人ひろたさま、ありがとうございます。
大変勉強になりました。
また疑問があったらご教授ねがいます。

投稿: もうぞう | 2018/11/04 18:46

追記

「美味しい」は当て字だそうで、本来は「お美しい」のようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2018/11/04 17:31

わたしの所持している「語源辞典」にありました。

「いしい」とは「美しい」と書き、意味は「好ましい」、「優れている」、「みごとだ」を意味し、それに接頭語「お」がついたことばで、本来は女房詞(にょうぼうことば)=女性言葉。

つまり、男が使うことは無く、使えば恥ずかしい言葉でした。(男は「うまい」を使用)

投稿: 玉井人ひろた | 2018/11/04 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/67342731

この記事へのトラックバック一覧です: 「お○○○」:

« 徴用工と抑留 | トップページ | 暗闇でも強いのが・・・ »