« 角田で感じる 春近し。 | トップページ | 蕗の薹 »

電車の痕跡

かつて走っていた、新潟交通電車線は、主に中ノ口川に沿って線路が敷設されていました。

Dsc02588_2

月潟橋右岸は堤防道路と平面交差していますが、左岸はご覧のように立体交差となっています。
理由は、電車がこの堤防に沿って走っていたからです。

そしてその痕跡がこの橋で、今でもみられると言うのです。

Dsc02584

Dsc02583
どうもこのH形の部品のようなんです。

これに架線を釣っていた?
なんともマニアックな記事になりましたね。失礼しました。

味方橋も電車線と立体交差になっていましたから、同じような部品があるかな?

ちなみにタイトルバナーの写真は、かつての「六分駅」です。

|

« 角田で感じる 春近し。 | トップページ | 蕗の薹 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

ありがとうございます。
もう廃止になって、20年近くですからね~
早いものです。

投稿: もうぞう | 2018/03/22 19:12

もうぞうさま
過っての新潟交通電車線知っている(覚えている)人は
少なくなってきています。
一連のレポ別途纏められることお勧めいたします。
折角の労作ですから!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018/03/22 12:03

玉井人ひろたさま、おはようございます。

いわゆる雰囲気のある駅が、どんどん無くなっています。
駅名や看板などをみなければ、どこの駅か?
また駅前も大手ホテルやスーパーなどの看板で、どこの駅前なのか?
って、感じですかね。

投稿: もうぞう | 2018/03/15 07:13

桜の木がある駅、少しづつ減りつつあるような気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2018/03/14 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/66496838

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の痕跡:

« 角田で感じる 春近し。 | トップページ | 蕗の薹 »