« クルマのトホホ | トップページ | 大雪だからこそ »

女子追い抜き 金

新聞一面トップの見出しです。
一瞬、何のことかと思いましたよ。
もちろん直ぐに理解しましたが・・・

新聞を眺めてもパシュートの文字はありません。

安易なカタカナ語の導入には、異論がありますが、「パシュート」または「団体パシュート」はテレビなどではすっかりお馴染みになっていますからね~

新聞(協会)は独特な倫理観?をお持ちのようです。

国名表記も、スッキリとしない場合があります。
米国・英国・豪州・などと表記するのに、仏国・独国などは、カタカナ表記です。

それはさておき、
日本選手のみなさん、大変おめでとうございました。

 

|

« クルマのトホホ | トップページ | 大雪だからこそ »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

テレビなんかより歴史がありますからね~
ただMHK以外は、新聞社と深く結びついているんですけどね~

投稿: もうぞう | 2018/03/02 19:32

もうぞうさま
新聞業界は思い上がり?
新聞そのもの将来先細りになっていくことでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2018/03/02 17:56

玉井人ひろたさま、こんばんは。

敵性語禁止の名残とは、ユニークなご意見ですこと。
新聞では紙面の関係で、短く省略する傾向があります。
それはそれで良いのですが・・・

日本だって、外国ではジャパンですからね。
ドイツやオランダも不思議です。

投稿: もうぞう | 2018/02/23 19:19

敵性語禁止の名残?。だとしたら、日本のマスメディアの戦後はなんだったんでしょう。

とも思いますが、「グレートブリテン」または「北部アイランド連合王国」のことを日本ではイギリスと呼称するのが常識となっている例もあるので、なんとも致し方ないのでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2018/02/23 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/66421974

この記事へのトラックバック一覧です: 女子追い抜き 金:

« クルマのトホホ | トップページ | 大雪だからこそ »