« 目を細める。 | トップページ | 月潟の不可思議 »

喪中とお歳暮

11月に入ると年賀欠礼の案内(ハガキ)が来ます。

その文面は、
「喪中につき年末年始のごあいさつをご遠慮申し上げます」
と、いう趣旨だと思います。

で、そのハガキを出した(喪中の)Sさん、いつもは新年になってから「お年始」にお見えになるんです。
私どももそれに呼応して新年のあいさつに出向いています。
この度は欠礼なので、年賀状はもちろん、出向いてのお年始も、欠礼でOKかと・・・

ところが、そのSさん「お歳暮」なる包みものを持って、お越しになった。

ルール違反?ではないかと思うのですが、年末なら「おめでとう」のあいさつは無いから、とくに問題にはなりませんか?

たしかに、「喪中につき新年のあいさつをご遠慮申し上げます」
って、記してあるものありますけどね~

余談ですが、今年年賀欠礼のハガキを出した人は、普通に年賀状を出すより10円高く付きましたね。

 

|

« 目を細める。 | トップページ | 月潟の不可思議 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

うらやましいですね~
とくに宅配便で行ったり来たりなんぞ、まったく意味がありません。

投稿: もうぞう | 2017/12/21 19:18

玉井人ひろたさま、こんばんは。

そのように解釈するのが、妥当なんでしょう。
だとするならば、年末年始のご挨拶を遠慮・・・
などとしないで、
新年のあいさつを遠慮します。で良いのでは?
重箱の隅をつつくようで、申しわけありません。

投稿: もうぞう | 2017/12/21 19:17

もうぞうさま
わが家は中元歳暮のやり取りはここ10数年していないし、
それ程のお付き合いしている方も殆ど無いので
気を遣う必要も無く楽なもんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017/12/21 18:20

よく論議になる事柄ですよね

結論から言えば、お歳暮=お礼行為であり喪中には関わらない行為なので、喪中であってもお歳暮をやる行為は問題ないとなっています。

我が家では昨年末喪中でしたが、お歳暮はいつも通りに行いました

投稿: 玉井人ひろた | 2017/12/21 09:11

RWさま、おはようございます。

喪中だったのは、我が家ではありません。
親戚のSさんです。念のため。

そろそろ今年最後のあいさつとのコメントがあちこちで聞こえるようになって来ますね。
来年もよろしくお願いします。

投稿: もうぞう | 2017/12/19 07:09

そろそろ年賀状の準備をしなきゃと思いつつ毎年クリスマス過ぎで追い込まれます。喪中だったのですね。これは11月に出さないちお「いけないですよね。北朝鮮ニュースなど今年の漢字「北」の騒がしい1年でしたね。一般記事は今年これで最終回(2017年末狂歌レビュー)にて最終回となりますが、12月28日頃に今年の最後のご挨拶とさせて頂きます。またのお越しを楽しみにしております。

投稿: RW | 2017/12/19 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/66172870

この記事へのトラックバック一覧です: 喪中とお歳暮:

« 目を細める。 | トップページ | 月潟の不可思議 »