« トレーニングを兼ねて | トップページ | 収穫祭 »

火の見櫓

20年くらい前までは、各集落にあった火の見櫓ですが、今やとんと目にする機会がありません。
鉄塔と言えば、ケータイやスマホのアンテナに取って代わられました。それらはもちろん火の見櫓の機能はありません。

しかしまだ残っていたんですね~

Imgp9794まだ登ることが出来そうです。

Imgp9795半鐘も付いています。電球も?

残しておいて欲しい歴史的遺産。

 

|

« トレーニングを兼ねて | トップページ | 収穫祭 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

これは五泉市での撮影です。
新潟市内はすべて撤去されたとか?

投稿: もうぞう | 2017/11/21 19:37

もうぞうさま
御地ですか?
確かに今は殆ど見掛けられなくなりましたね。
鉄は錆びて腐るのでそのうちに撤去される運命でしょう。
子供には意味を伝えたいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017/11/21 15:42

玉井人ひろたさま、おはようございます。

新潟市でも消滅したようです。
しかし木製とは、見てみたかったですね。

投稿: もうぞう | 2017/11/18 07:14

我が村では完全に消滅しました。
我が村のは、木製で、電柱を日本立て横板を渡した「梯子型」でした。
消防団の消火ホースの干場としても重宝していました。

私たちのこどものころは皆、単に「半鐘」と言っていました。

投稿: 玉井人ひろた | 2017/11/17 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/66039032

この記事へのトラックバック一覧です: 火の見櫓:

« トレーニングを兼ねて | トップページ | 収穫祭 »