« 2017年7月 | トップページ

タマムシもいる

今頃の角田山は、暑くて暑くて修行のような山行きです。
それでも短時間ですから、なんとか乗り切ることが出来ます。

そして今回は、いきなりの・・・

Dsc02391
タマムシ=玉虫ですよね。
近年見た記憶がありません。それも稲島駐車場のトイレの床ですよ。ひっくり返っていました。
そしてこの後すぐに飛んでいきました。

Dsc02394
山頂の標識を入れて。

Dsc02395
ホタルブクロ

Dsc02396
観音堂前から蒲原平野を俯瞰する。
一面の緑ですが、やがて黄金色になっていきます。

                                                               


| | コメント (4) | トラックバック (0)

無償地図更新サービス

今回購入のカーナビは、無償地図更新サービスがあります。今や多くの会社の製品で実施している模様です。

方法が二通りあります。
①Webダウンロード更新。または②SDカード送付による更新。どちらか一方です。

①は、使用開始から3年間有効で、主要道などの部分地図は何回でも可能。全地図は期間中1回だけ可能。つまり私の場合は、2020年7月までか?

一方②は、2020年版が送られてくるとは言え、2019年10月に送付予定ですから、1年古い可能性が・・・

つまり①の方が、最新版が手に入る可能性が高いです。その代わり面倒ですね。

1年くらいどうでもいいやと思っていたんですが、ダウンロード更新を覗いてみました。
なんとか出来そうな気配です。
設定等が難なく終わると、もうすでに「部分地図更新あり」の表示が出ましたので、早速やってみました。
部分地図でも結構時間がかかりましたね。

しかし1年ほどスマホナビ(グーグルマップ)を使っていましたが、画面が小さいだけで特に不満はなかったですね。
山道や農道なども、しっかりガイドの対象ですし、予測時刻も正確(すぎる?)ですからね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不遇の源流

信濃川の源流は、甲武信岳であるというのが定説になっています。
しかし、みなさまご存じかと思いますが、もう1つの源流と言うべきが、槍ヶ岳なんですね。

槍ヶ岳の方が、知名度や標高とも勝っています。
全長となると微妙な気がしますが。

ただ梓川(犀川)は千曲川に合流するため千曲川が本流あつかいされるようです。

Dsc02390
信濃川の分流、中ノ口川。全長32Km。信濃川から分かれ、再び信濃川に合流する。
連日の雨で茶色だ(実際はもっと茶色に見える)

源流から何日かかってここまで来るのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終了する場合は1を

ケータイの電話帳からS氏に電話しました。
留守らしく、留守電(録音)に変わりました。

その案内によれば「ピー音の後に・・・」これはいつもの決まり事ですね。
ところが、さらに
「終了する場合は1を、聞き直す・・・場合は2を押してください・・・」とかなんとか?

とにかくメッセージを話し終わって、画面をみても、ナンバーは出てこない(スマホの場合)

しかたなくそのまま切りましたが、
どうすればナンバーが表示されるのでしょうか?

またそのまま切ってもメッセージは、届くのでしょうか?

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

護摩堂山の茶屋

小学1年生の孫娘。
オオバコ・クズ・ツユクサ・イヌタデ・エノコログサなど夏草の花を研究するのだそうで、手っ取り早い「土手」にあがってみるが、草を刈ったばかりで、ほとんど花はない。

それでは護摩堂山に行けば、あるのではないか?

登り始めても、目に付かない。

山頂付近で何種か見つけることが出来ました。

Dsc02374

Dsc02378

Dsc02371
こんな花まで。手入れをしておられた方に伺った。
「だれかが持ち込んだ可能性が高いですね」

Dsc02377コクワガタ?も。これは1年生の弟。

下山は茶屋方面を
するとお子たちは、冷たいものを食べないでは、下山しない様子。
超久しぶりに寄ってみました。

Dsc02387
ホラ貝を披露する店主?
これがまた、おしゃべりでおしゃべりで。
悪く言えば自慢話になりますが、なかなか興味深い話題も多く、延々と話が続きます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ひとりで泊まる

子ども一人で、初めて(祖父母家)泊まるのは、なかなか勇気が要るものだと思います。

主に育った環境や宿泊先の、家族環境などが大きく作用するとは思いますが・・・

早い子で3歳程度、遅くとも6歳くらいになれば、一人でも泊まれるはずです。

今回初めてのお泊まりに挑戦する子は、もう6歳ですから、大丈夫とは思いますが、宿泊先には、同年齢の子どもがいません。

決断を促したのは「花火」のようです。なにしろ一袋全部使い切りですから。

Dsc02360

私は一人残されて、泊まった記憶は????
ほとんどありません。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母校(中学)まだありますか?

現行制度での中学校=新制中学は、昭和22年からスタートしました。
6・3・3制などとも言われますね。

我が母校も例外なくスタートし、今年で70周年を迎えるそうな。

ところが70周年を迎える学校は、意外にも少ないらしいのです。
統廃合が進んだためなんですね。

ちなみに、新潟市南区で当時9校あった中学は、今は6校になり、70周年を迎えることが出来るのは、わずか3校という。

30年後に100周年を迎えることが出来る中学は?

私、もうこの世にはいないでしょうから、気にもなりませんけど。
ちょっぴり寂しいですね。

Imgp9565
記念式典を開催するには、、まずお金が・・・

払い込み人が手数料を払うので、イマイチ評判が良くない。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

┐(´д`)┌ヤレヤレ

登山の帰りに、林道を歩いていました。
しばらく行くと、向こうからダンプカーが、突っ込んでくるように迫った来ました。
危ないと、思わず右路肩によけました。

すると、
クルマは除けたものの、
いてて・・・
頭(額)が痛い。

同時に目が覚めました。

ベッドから落ちたのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花の咲く時期

シクラメンやシンビジウムなどは、冬の花として人気があります。

でも本当のところ自然界では、冬に咲くのでしょうか?
少なくても日本とくに北国・雪国では難しいように思いますが。

Dsc02349
数日前の撮影です。

冬にも咲いたシクラメン。花の数は少ないですが、また咲きました。
冬に加温しなければ、春や初夏あたりに咲くのでしょうか?
                                                                

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猛暑です。

新潟地方はフェーン現象も手伝って、気温がどんどん上がりまして、新潟市で36度を超えました。
三条では38.1度。

それでも夏の花の代表とも言える、向日葵は元気です。

Imgp9669
奥の山は、お馴染みの角田山です。

見物に訪れる人はまばらでした。

                                                                                                 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大自然グルメ百名山 家族サバイバル

3週間ほど前に、沢登りをしながら現地で調達した食材を食す番組がありました。
途中からちょっとしか見ていませんでした。

その番組が今日再放送されるようです。

そこで超久しぶりに録画機をセットしました。

やはり同じ番組でした。

目指した山は、矢筈岳で早出川から攻めるというものです。ただし事情によりリタイヤしましたけど。

どっちかというと、食の方に重点が置かれて、入山口やルートなど詳細は明かされません。わざと隠していたのかも知れませんが・・・

ちなみに家族3人と犬1匹で、まだあどけない中1の女児もおりました。
持参したのは、お米と調味料。
行く先々で食用草を取ったり木の新芽を取ったり、イワナを釣ったり。

沢登りだけでもビックリするのにさらにカエルを食べたりシマヘビを食べたりですからね。恐れ入りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新潟代表 日本文理

高校野球で初戦の相手が決まると、両チームの主将が並んで記念撮影となります。

新潟の日本文理は、徳島の鳴門渦潮と対戦します。

しかしその写真をよく見ると、違和感を覚えます。
高校野球と言えば、教育の一環であることに疑う余地はないと思いますが・・・

Dsc02351
新潟日報8月5日付1面から一部引用させていただきました。

間違い文字、お分かりでしょうか? 

これというのも新潟の知名度の低さから?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パパラッチはいなかった?

行方知れずだった、「ひよっこ」のヒロインのお父さん。
意外なところでの発見となりましたね。

その場所とは、30代とおぼしき一人暮らしの女優のマンションですからね。
そんなところに2年ほども住んでいて、ご近所はもちろんですが、芸能記者からも目撃情報がないとは?

ま~あの時代は、まだ「フォーカス」や「フライデー」なんてなかったんでしょうけど。

フィクションと言ってしまえば、それまでですが・・・
ちょっと解せませんね。

写真週刊誌は廃れましたが、今や文春・新潮。
政治家にとっては怖い存在となっていますが、まじめに行動していれば、問題ないはずです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ