« フライングは死語 | トップページ | 仙丈ヶ岳を目指す。 »

久々の3000m峰

今年の登山、今までの最高峰は1500m級の守門岳。
あとは弥彦や角田・護摩堂というテイタラクぶりです。

そしてようやくチャンスが来ました。いきなり3000m級です。

「大丈夫?」って声が聞こえてきそうですが・・・


登山口の標高は、2000m超ですから、実質1000mちょっと登るだけです。

4時間半もあれば登れる、日帰りも可能な山です。それを1泊でと言うのですから、3000mクラスではもっとも初級者向きでしょう。
しかし油断は禁物です。

驚き?の始終は、追々と。

Dsc01786

 

|

« フライングは死語 | トップページ | 仙丈ヶ岳を目指す。 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

いや~輝さまの数分の1、いや十数分の1の、山登りですからね。

投稿: もうぞう | 2016/08/27 19:01

もうぞうさま
羨ましき限りです。
暑さにかまけ、天候もイマイチで少々Frustrationが
溜まった今年の夏です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016/08/27 10:32

RWさま、こんばんは。

いや~山の遍歴は、なかなかのものなんですね。
3000m級だったら登るときは、やや暑いですが、快適と言っても過言ではありませんよ。

投稿: もうぞう | 2016/08/22 17:54

守門岳、立派ではないですか!7年前に登った大岳・守門の雄大な風景が思い出されます。小生もまだ身延・七面山と地元の500M低山(八石山)の2峰しか登っていないテイタラクぶりです。最近は暑い夏は登山しないようにしています。(苦笑) 
(今日からようやく夏休みで家でゆっくりしているRW)

投稿: RW | 2016/08/22 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/64077805

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の3000m峰:

« フライングは死語 | トップページ | 仙丈ヶ岳を目指す。 »