« 豪州なんて、言いませんし、使いませんけどね。 | トップページ | 久々の3000m峰 »

フライングは死語

オリンピックはそこそこ見ていますが、
フライングが全くなくなりましたよね。
特に水泳ですね。

なんでも1回しただけで、失格になるとか。それが理由ですっかり無くなったのでしょうか?

陸上競技も同様なのか?フライングで再スタートなんて見ませんね。

観戦者は気持ちよく見ることが出来て、結構ですけど。



しかし「コース」という言い方は、すっかり聞くことが出来なくなりました。

ちなみに「ゼッケン」も死語に近いのだそうですね。

                                                           

|

« 豪州なんて、言いませんし、使いませんけどね。 | トップページ | 久々の3000m峰 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。

私もです。はい。

投稿: もうぞう | 2016/08/26 07:08

もうぞうさま
段々と解らなく事ばかりで些か面喰っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016/08/25 20:59

玉井人ひろたさま、おはようございます。

ゼッケンはドイツ語から来ているとか?

陸上や水泳では、コースからレーンに変わりました。
昔「第1のコーース、○○君・・・」なんてアナウンスがありましてね。

たしかにゴルフは、コースですね。レーンはそぐわない印象です。
登山では、コースという場合とルートという場合があります。

投稿: もうぞう | 2016/08/20 07:18

ゼッケンという言い方は、日本だけなんですね。面白いものです。
コースはゴルフではまだ使われているようですね。

フライングは見なくなりましたね。アナウンスも「不正なスタート」とか「ちょっとタイミング早かったでしょうか?」という言い方ですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2016/08/19 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/64082283

この記事へのトラックバック一覧です: フライングは死語:

« 豪州なんて、言いませんし、使いませんけどね。 | トップページ | 久々の3000m峰 »