« 落ちて全滅か? | トップページ | いつまで生きるつもり »

純粋ハチミツ

2年ほど前、N氏が日本ミツバチ の飼育を始めたと、記事をアップしましたが、それからさっぱり音沙汰なしだったので、
もしかすると失敗したのかな?なんて思っていました。

ところが、今日ハチミツを持ってきてくれました。
もう市販しているのだそうです。

ミツバチは花の多いところに、巣箱を置かせてもらわなければなりません。
最適な場所は、もう先人・先輩が置いているので、なかなか良い場所が見つからないのだそうです。

今回のアカシア(ニセアカシア?)は北区に置かせてもらったとか。

Imgp8920
ハチミツと糖度計。

Imgp8917
糖度は80。覗くと見えます。
自然界では一番高い糖度なんですね。

 

|

« 落ちて全滅か? | トップページ | いつまで生きるつもり »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。

銀座のビルの屋上で、テレビで見たことがあります。
日本ミツバチは、半径2Kmが行動範囲とか。

投稿: もうぞう | 2016/06/21 07:10

もうぞうさま
かなり昔(数年前?)大都会東京のビルの上でミツバチ飼育と
蜂蜜採取の記事が載っていたこと思い出しました。
昨年 信州在の方から純粋はちみつ頂戴し、美味しくいただきました。
甘さは別格ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016/06/20 20:39

玉井人ひろたさま、おはようございます。

ほんとですね。
心配していただけに、嬉しい出来事でした。
それにしても巣箱を置く場所に苦労するとは、ビックリでした。

投稿: もうぞう | 2016/06/19 04:48

日本ミツバチ、その生存そのものが希少になっていますから、大切に育ててもらいたいものです

投稿: 玉井人ひろた | 2016/06/18 22:04

以前「美味しんぼ」で取り上げていたことがあります。
いろいろ問題が多いようですね。

投稿: もうぞう | 2016/06/18 19:20

米国では「セイヨウミツバチ」何万もの巣箱から女王バチと幼虫以外のほとんどの働きバチが突然姿を消してしまったというニュースが入っていますね。消失したミツバチの数はアメリカ全体の1/3~1/4ともいわれています。受粉を促すミツバツの異常消滅(ps)コチラも久しぶりに山記事を公開いたしました。は世界的な食糧危機を迎えるのでは・・

投稿: RW | 2016/06/18 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/63792204

この記事へのトラックバック一覧です: 純粋ハチミツ:

« 落ちて全滅か? | トップページ | いつまで生きるつもり »