« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

緑濃くなる角田山

30日の天気予報があまり良くなかったので、山はあきらめていましたが、予想に反して良い天気。
午前中に所用を済ませて、いつもの角田山。
今回は五りん石コース。

Imgp9143
山頂までは最短コースかと。すっかり夏の装い。

Imgp9133
5分ほど下って、展望にすぐれる観音堂前へ。

Imgp9137
残雪の飯豊連峰が、素晴らしい。

Imgp9136お馴染み新潟市街地。

Imgp9138
今日の花は、アザミ、ノアザミ?

                                                          

| | コメント (8) | トラックバック (0)

のど自慢のお土産

5月29日のNHKのど自慢は、当地からクルマで30分足らずの加茂市からの中継放送。
子どもが10枚ほど出した観覧用の往復ハガキ、1枚だけ当たったのであった。

妹と母が行くことになって、8時過ぎに出かけていった。
一番乗りは、4時頃だったとか?

なんともビックリしたのは、

Imgp9144

こんなお土産まで販売していることでした。
                                                                    

| | コメント (12) | トラックバック (0)

クマバチが

昨日に続いて部屋に飛び込んで来たのが、

Imgp8886

Imgp8887

しがみついているのは、ティッシュペーパーです。

おとなしい性格だと聞いていますが、なにしろ蜂ですから、トンボのように手で捕まえるのは、ちょっとね~                                                                 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年初見

だったので、まさかカメラに収めることが出来るとはね~

Imgp8881

不自然ですよね。
ファブリックスの上ですからね。

実は部屋に飛び込んで来たんですね。
捕まえて椅子の上に置いたら、しばらくじっとしていました。もちろんその後は逃がしましたよ。

さてこのトンボは、ハグロトンボかアオハダトンボか?いずれにしてもオスだと思うのですが・・・
                                                                  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヒロシマに負けた伊勢志摩

「オバマ氏のスピーチは、結構長かったのし」

「そうそう、17分だったとか?原爆資料館は10分程度と短けかったけどさ」

「それにしても、G7はヒロシマに食われてしまったな~」

「そうだよね。意義はあったのかな?」

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

経済センサス-活動調査

今回が2回目だという。先回は24年2月だったそうな。

個人経営調査票は、A4×2枚とまずまずの大きさだが、「調査票の記入のしかた」なる取説が20ページにも及ぶ。
こんなもの読むのもうんざりである。
さらに分類表やオンライン調査利用ガイドなど全6部にも及ぶ。

先回の国勢調査は、ネットでも簡単だったし、今回の調査もネットですることにした。

ところが、何しろ事前に取説を読んでいないものだから、???なところも多く、その都度取説を見たり、適当に答えたり?して、15分ほどかかった。

しかしま~確定申告時と同じような設問が多かったような??

こちらは総務省と経済産業省の主管ですからね。
これも縦割り行政の弊害か?困ったものです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

水道料金をクレジットカードで支払う

新潟市でも水道料金をクレジットカードで支払うことが出来るようにして欲しいとの要望があるのだそうな。
都会では多くの自治体で実施している。

しかしそを導入するには、一時的費用が1億円近くかかると公言している。
そしてランニングコストも毎年2,000万円ほど余計にかかるとも。

さらにクレジットカード払いなど不要であると考える人が77.1%にのぼると。言うことで、なかなか話が進まない。

本当にそんなに費用がかかるのだろうか?

だとするならば、
都会の水道やNTT料金・ケータイ電話料金・NHK受信料・電気料金・ガス・国民年金・・・などは、なぜ導入している?

一般にクレジット会社に加入するには、加入料金が必要だが、大手や一括加入などでは、加入料は不要だとの噂もある?
また手数料も大口の場合は、減免される場合もあるらしい。

クレジット会社側の言い分も聞いてみたいものだな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

田毎の月

と言うには、田んぼが大きすぎますかな?

Dsc01609
19:41 ISO20000 F4.5 1/6 ですが、手持ちのオート撮影です。

ブレがあるのが分かりますね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Wi-Fi の!マーク

今や、無料Wi-Fiポイントが増えて便利になりましたが、先日の旅行の際は、セブンイレブン(セブンスポット=登録済み)でも、またホテル(パスワード入力)でも・・・

Screenshot_201605211647572

繋がっているかと思うのですが、ダメなんです。

一番上の右から3番目、電波強度にビックリマーク(!)が出ています。
我が家でも希に出るときがありますが、これがあると繋がりません。

なぜか?
理由をご存じの方、また直し方ご存じの方、なにとぞご教授ねがいます。

                                                         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歩いて東大寺と興福寺

次の日は、東大寺と興福寺。

Imgp9106

Imgp9113

Imgp9116

Imgp9122
修学旅行生と中国人が多い。

Imgp9123
モデル慣れしています。

Imgp9125
興福寺:五重塔

Imgp9096
同じく興福寺:五重塔(前夜撮影)

Imgp9099
猿沢池から五重塔(興福寺)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

法隆寺・西の京コース

は、
近鉄奈良駅前発、10:00。
法隆寺・中宮寺・(昼食)・慈光院・薬師寺・唐招提寺を拝観して、午後5時着。

Imgp9037

Imgp9042

Imgp9049

Imgp9055
日本武道館のモデル

Imgp9061
長岡にもおいでになった、有名な仏像が・・・
韓国に出稼ぎ中で、レプリカが鎮座、しかしホンモノだと言われても分かりませんね。

Imgp9068

Imgp9071

Imgp9079
薬師寺西塔。以前行ったときは無かった。

Imgp9083
平山郁夫画伯の大唐西域壁画は、素晴らしかった。

Imgp9084
ここが最後の唐招提寺。

しかし境内は途方もなく大きいので、歩いた歩いた。
ついでにホテルまで歩いてしまった。

Dsc01574
奈良にふさわしい、クラシックホテル。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奈良へのプロローグ

航空機で大阪まで行くか?JR新幹線を乗り継ぐか?
が、主なルートである。

実質的な時間には大差がないと思われる。

燕三条から東京経由、京都までJRで、4時間強。京都からは近鉄をチョイスして、急行で45分。

近鉄奈良は、地下駅でどこから地上に出たら良いのか、見当もつかない。
とりあえずどこでも良いから出てみると、すぐにバス乗り場を発見。

Dsc01557
京都駅

Dsc01563
近鉄京都駅

Dsc01564
大きな荷物のお客さんが多い。日本語を話しません。

Dsc01569
今回は10時発の定期観光バスに、乗車。
                                                                      

| | コメント (8) | トラックバック (0)

神様仏様や美術品は撮影禁止

この度、仏閣を参拝して来ました。
参拝と言っても、物見遊山と言った方が正解?

当然と言えば当然ですが、建造物の内部はもちろん仏像に至っては、撮影禁止です。

今回唯一撮影可能だったのは、この仏閣でした。事前情報で知ってはいましたけど、
許可するしないははどなたの権限かな~

Imgp9109
撮影:東大寺大仏殿

Dsc01607

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヒロシマ

「謝罪求めず」か~

何年経っても謝罪と補償を要求する国もあるのにな~

う~~ん、おとなの対応だね。

                                                                     


| | コメント (4) | トラックバック (0)

釘さし

先日「釘さし」が話題に登りました。
我々が子どもの頃に、流行った遊びです。

大まかな記憶はあるのですが、具体的にはどのようにおこなったのか?ルールはどうだったのか?
覚えている人はいませんでした。

それならばと、ネットで調べてみると、出てきます。

これが?そうだったのかな~
記憶は曖昧ですが、だんだん思い出してきました。

さらにいろいろ調べてみると、釘を使った陣取りゲームと言うのもありました。
私が記憶にあったのは、こちらの方だったようです。

さらに、昔のことに詳しそうな方に聞いてみるつもりです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑草?

今、堤防などで見ることが出来る草花。

Imgp8860

Imgp8862

Imgp8863

Imgp8864

Imgp8865

Imgp8866

Imgp8867

Imgp8866_2

Imgp8871

例によって、名前はほとんど分かりません。

マクロレンズ:絞り(F5.6)優先。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

社会保障と貯蓄

日本人は貯蓄が大好きのようですね。
汗水流してため込んだお金ですから、パパッと使えない気持ちも理解できます。

しかし死ぬときが一番お金を持っているなんて変ですよ。その額平均で3500万円だとか?

なぜ貯蓄するのか?
老後の生活資金が心配だから。
病気や不慮の際への備え。
などが主な理由だと言うことですが、

日本は、医療制度は元よりや社会福祉保障制度は、だいぶ整備されてきています。

それでも国や政府に対する要望をみると、社会保障のさらなる充実をと言うのが、多くの場合トップであげられています。

日本人の性格からして、北欧のようにいくら社会保障が整備されても、貯蓄はしっかりしたい。
と思うのではないでしょうかね~?とくに年配者は。


貯蓄はほどほどに。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

寿司に醤油をつける方法

握り寿司を食べるときは、ネタに醤油を付けますね。

それには寿司をひっくり返さなければなりません。
手で食べるのなら、まだなんとか上手くいきますが、箸ですとなかなか上手くいきません。

ネタだけが、落ちて仕舞うこともしばしばです。
握り方の下手な寿司ならなおさらです。

この前入った回転寿司店は、よくネタが落ちましてね。もう寿司の上から醤油を垂らしていただきましたね。

そして後で聞いた話ですが、醤油用の小皿の用意の無いお寿司屋さんが登場しているのだそうな。ま~いわゆる回転寿司ですが・・・
そこでは1滴ずつたれるような醤油差しが、用意してあるのだそうです。

つまり私の食べ方と同じようにですね。

お店にとっては、小皿が不要。醤油が少なくて済む。などのメリットがあると言うことです。

                                                           


| | コメント (4) | トラックバック (0)

美術館と資料館めぐり。

子どもを乗せて新津美術館に、

Dsc01514
美術館としては、異常に子どもが多い。
32体のドラえもんがお出迎えですからね。

Dsc01519
展示室以外は、撮影OK。

Dsc01524
パーマンヘルメットをかぶれば、80万力。

Dsc01530
お土産コーナーも異例の人気。

続いて、
新津鉄道資料館へ

Dsc01534

Dsc01542
SL運転席の計器類。

Dsc01544
C57形19号機。

Dsc01545
模型も、また模型走行車両も。

Dsc01547
DD14形機関車のロータリー式除雪車。

                                                                


| | コメント (8) | トラックバック (0)

鋸山は車道歩きで45分増。

長岡市の鋸山(765m)花立峠コースは、道路脇の崖崩れのため本来の登山口より手前で通行止めだった(5月2日現在)

Dsc01484
「登山口」までここから25分。
おそらく半数以上のクルマは、山菜採りかと。

Dsc01485
ここが本来の登山口。

Dsc01486
ここが花立峠とあるが、峠らしくない。本来の峠はもう少し先のように思われる。

Dsc01489
山頂。

Imgp9024山頂より長岡市街地。

Imgp9027
お馴染み、越後三山。

Imgp9031
守門連山。

Dsc01490
今日の花は、イワカガミ。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

これもチューリップ。

全部チューリップです(多分)。

Dsc01504

Dsc01505

Dsc01506

Dsc01508

Dsc01503

Dsc01511_3

Dsc01507

Dsc01509

Dsc01513

Dsc01510
撮影地:みつけイングリッシュガーデン。新潟県見附市。

                                                                    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »