« にんげんだもの | トップページ | 股引を履く日脱ぐ日。 »

謙虚さをもって

今年92歳になるSおじいさん、まだ自転車に乗って出かけるお元気な老人だ。

「71歳で仕事を辞めてからは、若いもんにかしてもろうてるが~て」
注釈:71歳で自営業を辞めて、子どもたちから食べさせてもらっている。
とおっしゃる。

たしかに国民年金だけでは、生活がままならないでしょうからね。

この謙虚な言葉があればこそ、家庭内もうまく行くのだ思います。

実際に若いもんに遠慮して小さくなって生活しているかどうかは、分かりませんが・・・

 

|

« にんげんだもの | トップページ | 股引を履く日脱ぐ日。 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

少しくらい気を遣っても、同居が良いのかも知れませんね。

投稿: もうぞう | 2016/03/28 17:56

もうぞうさま
お早うございます。
この方は幸せだと思いますよ。
二人だけの核家族は将来を考えると心細いものですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016/03/28 08:25

玉井人ひろたさま、おはようございます。

まさにその通りですね。

投稿: もうぞう | 2016/03/25 07:08

ある意味で遠慮はいいかもしれませんが、小さくならなくちゃいけない家庭は寂しいでしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2016/03/24 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/63386186

この記事へのトラックバック一覧です: 謙虚さをもって:

« にんげんだもの | トップページ | 股引を履く日脱ぐ日。 »