« 朴 葵姫 | トップページ | 新潟電鉄開通ポスター »

豪邸

大正時代に造られた齋藤家の別邸。
新潟市内の中心部からわずかの距離の閑静な住宅地にたたずむ。

Imgp8926
主屋から庭を眺める

Imgp8933
超ワイドレンズ(魚眼)なので、湾曲する。

Imgp8930
2階の主屋、これだけの建物なのに、柱が細く少ない印象だ。
庭の眺望を邪魔しないような、設計なのだろう。

Imgp8928

Imgp8943
庭から主屋を
左側に見えるのは、竹のオブジェだというが、ハッキリ言って邪魔。

Imgp8946
すぐ後には、ツインタワーが視界に入る。
先ほどまで、新潟市内のど真ん中であることを忘れていたのにな~

Dsc01059
主屋1階でいただいた抹茶(有料)
味もさることながら、1世紀ほどタイムスリップした気分?

Dsc01057_2
さてこのポスター「新潟電鉄開通」とあります。
すなわち昭和8年に開通した電車線でしょうね。
当時のポスターだというが、保存状態はgoodです。

|

« 朴 葵姫 | トップページ | 新潟電鉄開通ポスター »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

ちょっと分かりにくい場所ですが、良いところですね。
このオブジェですが、多分水土なんとかの関連ではないかと想像しますが・・・
もう終わっているのにね~

投稿: もうぞう | 2015/10/26 17:23

もうぞうさま
暫くこの付近ご無沙汰です。
見どころ少ない新潟市の数少ない見どころ地帯かもしれません。
隣の旧K亭、近所の伊藤別亭、更に安吾の館・・等々
新潟は大昔10数列の砂丘により形成された地。
あの周辺は地盤がかなり強固な地帯かと思います。
竹のオブジェ 無粋ですね~ いつだれが何の為に?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015/10/26 08:58

ノブさま、おはようございます。

特別な仕掛けがあるのでしょうが、分かりません。
解説していただける方いらっしゃいませんか?

投稿: もうぞう | 2015/10/20 07:13

玉井人ひろたさま、おはようございます。

コンパクトカメラなどでは、パノラマ機能が付いているものもありますね。
これですと湾曲しません。

投稿: もうぞう | 2015/10/20 07:11

柱の細さが信じられないです。地震にも屋根の雪にも耐えたわけですね。屋根も立派な瓦屋根ですしね。何か特別な工夫があるんでしょうか???

投稿: ノブ | 2015/10/19 19:35

広い部屋は、やはり魚眼ですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2015/10/19 18:38

エンドウマメさま、こんばんは。

紅葉の時期は見応えがあるでしょうね。
ちょっと早かったです。

投稿: もうぞう | 2015/10/19 17:15

昭和39年の新潟地震で、豪邸の多くは倒壊したと云う
話を聞きました。 でも本当の豪邸は、基礎がしっかり
してるんですよね。 紅葉が見ごろの頃は、賑わいそう。

投稿: エンドウマメ | 2015/10/19 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/62506137

この記事へのトラックバック一覧です: 豪邸:

« 朴 葵姫 | トップページ | 新潟電鉄開通ポスター »