« どうする?スズメバチ! | トップページ | 佐渡の観光地 »

佐渡汽船

Dsc00905
おなじみの佐渡汽船のりばです。

しかしちょっと様子が違う??

Dsc00907
それもそのはずで、船が小さい。しかし高速船ですけどね。

Dsc00908
座席指定です。
この便は空いていました。
                                                                             
長岡市寺泊の佐渡汽船のりばと高速船あいびすでした。

                                                                   

|

« どうする?スズメバチ! | トップページ | 佐渡の観光地 »

コメント

tuba姐さま、こんばんは。

このルートは、この高速船だけです。
距離が短いこともあり、65分で結びます。
定員は200人程度でやや少ないです。よって揺れに弱いようです。
全くの凪でしたが、特有の揺れはありましたね。

投稿: もうぞう | 2015/09/03 19:08

乗り心地はどうでした?
もう少し混んでいた方が船旅の気分が盛り上がりそうですねぇ~ship
帰りも高速船に乗ったの?

投稿: tuba姐 | 2015/09/03 13:00

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

佐渡も人口が減っていますからね。
ますます難しい経営を余儀なくされるでしょう。
世界遺産になったとしても、一時だけでしょうからね。

投稿: もうぞう | 2015/09/02 19:11

もうぞうさま
佐渡汽船は県出資の半官半民企業、昔から体質が変わりません。
何故 観光資源在りながら客足減少するのか?
真剣に対策講ずる必要が有りますが、知恵が無いのでしょう。
最終的には県民に負担が掛ってきます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015/09/02 07:52

玉井人ひろたさま、こんばんは。

なんか目の付け所が、違いますね。

投稿: もうぞう | 2015/09/01 19:23

わたしは佐渡島に行ったことが無い一人です。

我が村の観光名所に「遠藤ヶ滝 不動尊」があります。

その「遠藤」はこの滝で修行した名僧「文覚上人」の俗名「遠藤盛遠(えんどうもりとお)」に由来します。
http://www.vill.otama.fukushima.jp/leisure/endou/endou.html

佐渡島には真禅寺というのが建立されているそうですが、そこは上人が佐渡に流されその時に開基されたといわれ、本尊脇には同上人の位牌が祀られているそうです。

ここでも、文覚上人は滝にうたれての荒行を続け、近くの滝の側壁には上人が彫ったとされる素朴な不動明王の石仏が祀られていると聞きますので、気になるところでもあります

投稿: 玉井人ひろた | 2015/09/01 08:17

エンドウマメさま、おはようございます。

新潟に住む県人でも、行ったことがないと言う人がいますのでね。
私は日帰り1泊を含めて、5回目ですが。

投稿: もうぞう | 2015/09/01 07:13

何十回と帰省していますが、佐渡島には一度も行った事が
ありません。 いつも夕日が沈む、佐渡島を見ていますが。
一度行ってみたいと思いながらも、そんな時間は全く無い。
寺泊まで行ってるのですが、買い物をして直ぐに戻ると云う事に。

投稿: エンドウマメ | 2015/08/31 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/62192791

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡汽船:

« どうする?スズメバチ! | トップページ | 佐渡の観光地 »