« コメの食味について語るA氏。 | トップページ | 駐在さん »

ハンディ洗濯機

このところ家電製品でも海外メーカーが元気だが、またまた注目の製品が発売される。
もっとも売れるかどうかは?ですが・・・価格が高い!

その名も「ハンディ洗濯機」商品名:コトン。わずか200gの製品だ。
形はまるで化粧品のムースのようです。

ま~その形態からも、ワンポイントの汚れ落としと考えた方が無難でしょうね。

それにしてもその発想がなんともユニークです。

かつては日本メーカーの得意分野だったと思うのですがね~
今や日本メーカーは、冒険する余裕さえ無いのだろうか?

 

|

« コメの食味について語るA氏。 | トップページ | 駐在さん »

コメント

マインさま、こんばんは。

価格と汚れの落ち具合でしょうね。
需要はあると思います。

投稿: もうぞう | 2015/02/28 19:21

200gのハンディ洗濯機、
あまり必要ないかも、値段も高い~
どんな人が使うのでしょう??
そう言ってると時代遅れなんて
ことに…?

投稿: マイン | 2015/02/28 14:03

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

この価格で売れれば、儲かるでしょうけどね。

投稿: もうぞう | 2015/02/26 18:56

もうぞうさま
またまた不勉強者にとっては新情報。
想像がつかなかったので検索してみました。
商品開発から販促費など回収できるほど、売れるんでしょうかね?
年寄りには特別必要で無いような気もします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015/02/26 08:55

tuba姐さま、こんばんは。

私もイメージ出来ませんでした。
もっと安ければ、売れるかもですが・・・

投稿: もうぞう | 2015/02/24 18:47

玉井人ひろたさま、こんばんは。

そうなんですか?なんでもよくご存じですこと。
それはそうとして、なんで日本ブランドで発売されないのか?
やはり残念ですね。

投稿: もうぞう | 2015/02/24 18:44

ハンディ洗濯機、初めて知りました。
イメージがわかないので検索してヒットしたYouTubeの動画で“おぉ~!なるほどう!”

外出先での ちょっとした汚れに使えますね(*^ー゚)b

投稿: tuba姐 | 2015/02/24 10:30

この製品はハイアールアジアのものですが、その企画・開発・製造は全て日本国内のようですよ。
ひらたく言うと「旧三洋電機」が手掛けたようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015/02/23 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/61183761

この記事へのトラックバック一覧です: ハンディ洗濯機:

« コメの食味について語るA氏。 | トップページ | 駐在さん »