« 販売日日付の意義とは? | トップページ | 中学も多様化。 »

D-LI90とD-LI90P

通常電池の端子は、2ヶ所。
プラスとマイナスですね。

Denti

ところがリチウムイオンバッテリーは、3端子になっています。
プラスとマイナスの他に、T端子と呼ばれる電池の温度情報の検出をしている端子があります。

ペンタックスKシリーズ用カメラ電池の新型は4端子になっています。
これはいったい何のためか?
ちなみにDと記載があります。

ダミー用?

いずれにしてもどっちも普通に使えますからOKですが、旧型充電器で充電する際は、ちょっとしたコツが必要です。

しかし、D-LI90なのかD-L190なのか?
Iそれとも1なのかですが、分かりづらいですよね。

  

|

« 販売日日付の意義とは? | トップページ | 中学も多様化。 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

たまに電気店を眺めるのも勉強になりますよね。
なかなか行けませんけど。

投稿: もうぞう | 2014/03/25 19:54

もうぞうさま
皆さんなんでも良くご存知で\(◎o◎)/!
小生はチンプンカンプンです。
昨日Y電器へ行きましたが、使用目的解らない物ばかり
時代に取り残されている事、しみじみ思い知らされました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014/03/25 19:25

玉井人ひろたさま、こんばんは。

単なるダミーではなく、機能があったと考えた方がよろしいようですね。
でなければ、付ける意義は無いですよね。
ありがとうございました。

投稿: もうぞう | 2014/03/22 19:17

旧型には、ダミーが設けられてあったことからみると、すでにD端子を後から付けることを想定した型ができていたようですね。

そのDは充電アダプタ識別(急速充電や他社充電器による障害からバッテリーを守る機能)内臓バッテリの証しで、D端子はその識別が行われる端子のようですが、違いますかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2014/03/22 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/59331576

この記事へのトラックバック一覧です: D-LI90とD-LI90P:

« 販売日日付の意義とは? | トップページ | 中学も多様化。 »