« 標高1800m乳白色の万座温泉 | トップページ | FEEDLY »

バスツアーの見物先の決め方

万座亭(旅館)9時発。
見物予定は、白糸の滝・一之宮貫前神社・カリカリ梅工場。

2niti
富士山の白糸の滝と比べるとね~

2niti3
階段を降りて参拝に向かうとは、珍しい(富岡市)

2niti2
改修が終わったばかりで、とてもキレイだ。

2niti1
カリカリ梅の売店(前橋市)

個人的には、どれもあまり興味がわかなかった。

とくに最後のは、わざわざ高速道を走ってまで行く価値があったのか?って思いましたね。
近くには、他にも色々あるでしょうに・・・

もちろんすべての人が、満足するわけにはいきません。
しかし、ツアー客が本当に見たいもの体験したいものは何か?だと思うのです。

ただ工場とバス会社に味方するならば、そのお陰でツアー料金が(安く)抑えられていると言えるかも知れませんけどね。

 


                                                

|

« 標高1800m乳白色の万座温泉 | トップページ | FEEDLY »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。

私もそう思いました。
3時半頃到着で、翌朝9時まで温泉三昧。
富岡製糸工場、近くを通ったんですけどね~
せめて外からでも見てみたかった。

投稿: もうぞう | 2013/07/13 07:06

もうぞうさま
温泉がメインだったせいか? くれよんさん少し工夫が
足りないような感じがします。
某 関西系の旅行業者はもっと中身が濃く?それで且つ
安い。
何と言っても某N交通は未だ殿様商売気分が残っているような・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013/07/12 21:24

玉井人ひろたさま、おはようございます。

階段は97段だったかな?

投稿: もうぞう | 2013/07/06 06:59

貫前神社(ぬきさきじんじゃ)と言うんですね。下ったところに有る社殿が珍しい神社と説明書きにも有りました。
本当に珍しいですね。

福島弁で言う「行きはヨイヨイ、帰りは強い(こわい)」=‘行くときは楽だが、帰りは疲れる’そのものですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013/07/05 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/57723944

この記事へのトラックバック一覧です: バスツアーの見物先の決め方:

« 標高1800m乳白色の万座温泉 | トップページ | FEEDLY »