« 2012年は22回 | トップページ | 勘定科目 »

佐渡金山

いつの間にか佐渡の金山は、佐渡金銀山と言われるようになりました。
世界遺産を目指すようになってからの気がしますが・・・

以前は、単に「佐渡金山」と言われていたように思うのですけどね~

石見銀山と区別する意味でも、「佐渡金山」で良いと思うのですが、ダメなんでしょうかね~

 

|

« 2012年は22回 | トップページ | 勘定科目 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。

ほとんどすべての記事に対して、コメントを頂きまことに感謝しております。
私なら、「金山」の方がインパクトがあると思うのですけどね~

投稿: もうぞう | 2013/01/03 09:23

もうぞうさま
世界遺産登録目指すため、インパクトを強くしようとしたのでしょうかね?
今更※で恐縮です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013/01/02 21:47

玉井人ひろたさま、おはようございます。

佐渡金山の方が単純明快です。
たしかに銀の方が多く採掘されますが、昔から「佐渡金山」で慣れ親しまれてきたのですから。

わざわざ「銀」を入れる理由が分かりません。

投稿: もうぞう | 2012/12/29 07:01

いつから変わったか知りませんでした
江戸時代の有名な絵にも「佐渡金山」と書いてありますので、そのままでいいと思います。

投稿: 玉井人ひろた | 2012/12/28 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/56406321

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡金山:

« 2012年は22回 | トップページ | 勘定科目 »