« 平穏死 | トップページ | 予算 »

一票の格差

国会議員などに議席を割り当てるには、

①人口の数によって議席を配分する。
②有権者の数によって議席を配分する。

①②とも大差はないと思いますが、日本では①の方法をとっているらしいです。

もう1つは、実際に投票した数によって議席を配分する方法も考えられます。

例えば、
α地区、人口20万人で1人の定員。
β地区、人口80万人で1人の定員。
だとすれば、格差は4倍となります。

仮に、
α地区の投票率が70%だったら14万人。
β地区の投票率が35%だとしたら28万人。
と、なり格差は2倍になります。
一般に都会の方が、投票率が低いですからね~

もちろん問題はありそうですが、投票率を上げるためにも導入を考えてみたらいかがでしょうかね~

 

|

« 平穏死 | トップページ | 予算 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

そうなんですよね。
ま~ぼんくらの考えることですから、しかしなんでこれはと言う人が出ないのでしょうかね?

投稿: もうぞう | 2012/10/22 18:29

もうぞうさま
貴殿の主旨は理解できますが、投票率は結果と予測ですから
一般的には平等の原則から反することになるのでは?
投票の義務と言っても権利行使は勝手と考える世の中ですから。
投票率の高いと言われる地方も、このままでは高齢が進み
投票率の低減は妨げること出来ないのでは?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012/10/22 07:24

玉井人ひろたさま、おはようございます。

その選挙には間に合わないことですが、課題です。
小選挙区では、無理でしょうかね~

投稿: もうぞう | 2012/10/18 07:01

投票率分配方式”ですかね。それは良い考えかもしれませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2012/10/17 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/55912138

この記事へのトラックバック一覧です: 一票の格差:

« 平穏死 | トップページ | 予算 »