« 適正露出はむずかしい。 | トップページ | 一票の格差 »

平穏死

41tvf0uxtcl_sl500_aa300_

延命治療はしなくてよい。
したくないという人は多いようですが、そもそも延命治療とは?

私のイメージでは、人工呼吸器をつけることが延命治療だと思っていました。

ところが、延命治療とは、人工呼吸・人工栄養・人工透析に大別されるのだそうです。

人工栄養の代表格は、胃ろうです。

そして人工透析。しかし透析患者でも多くの人が働いています。
延命治療のイメージはありませんけどね~

もちろん元気だった透析患者も死期が近付いて寝たきりになれば、誰から見ても延命治療だ。と言われますね。かといってここで止めるわけにもいかないでしょうしね~

日本は寝たきり老人が多すぎるとの指摘があります。

老人が増えるにしたがって、また医療の高度化が進むにつれて、医療費はどんどん増え続けています。
iPS細胞は、医療に画期的な効果をもたらすと期待されているわけですが
、見方を変えれば、とてつもなく医療費が増大することになりかねません。

必要以上に欲張らない「平穏死」を目指したいものです。

 

|

« 適正露出はむずかしい。 | トップページ | 一票の格差 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。

復興予算をなんだかんだの理由をつけて、全国的にいや南氷洋にも使っていた?
こんな政府がやることですから、消費税を上げてもチャポンとも言わないような気がします。

老後のためにせっせと貯めるしかないのでしょうかね~
それもあとわずかですが・・・

投稿: もうぞう | 2012/10/18 19:13

もうぞうさま
財産が無いので遺言までは兎も角、延命治療等の
必要の有無の自己意志表示はしておくべきでしょうし、
制度の明確化が必要でしょう。
医療費や年金等にも大きな影響が出ます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012/10/18 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/55889573

この記事へのトラックバック一覧です: 平穏死:

« 適正露出はむずかしい。 | トップページ | 一票の格差 »