« 定点撮影7年目 | トップページ | 並ぶ月と金 »

事故ではなく犯罪です。

4月23日、また痛ましい交通事故がおこりましたね。
18歳・無免許運転です。

犯人は当然逮捕されたわけですが、容疑は「自動車運転過失致傷罪」
その後死亡者が出たので、「自動車運転過失致死罪」に切り替えられたようです。
 

いずれにしても「過失」です。

「無免許」や「飲酒」での運転なら、事故になる確率はずっと高まります。
これはもう、過失や事故では済まされません。

「危険運転致死傷罪」で立件すべきでしょう。



それとこの手の事故でいつも思うことに「集団登下校」が事故を大きくしているのではないかと言うことです。
集団の方が、メリットが多い気がしますが、再度検証が必要なのではないかと。

ま~よりによって、列に突っ込まなくてもと思うのだが、こればかりは・・・         

 

 

|

« 定点撮影7年目 | トップページ | 並ぶ月と金 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。
未成年の事件でも悪質な場合など、一部週刊誌は実名報道をしたこともあったんですけどね。

投稿: もうぞう | 2012/04/26 05:36

もうぞうさま
小生も全く同意見です。
法律は時には無情です。
死刑は兎も角、たとえ非常手段でも終生罪は消えません。
そして被害者の記憶も消えません。
だから顔写真と名前くらい出しても問題ないです。
腹が立ちますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012/04/25 20:33

玉井人ひろたさま、こんばんは。
罪にはなるようですが、軽いでしょうね。

投稿: もうぞう | 2012/04/25 19:37

tuba姐さま、こんばんは。
居眠りをしていたから事故になった。
つまり「過失」だった?
これだから裁判員裁判が必要だと言われるんですよ。

投稿: もうぞう | 2012/04/25 19:36

やまちゃんさま、こんばんは。
「だっけさー」はよく使いますね。

投稿: もうぞう | 2012/04/25 19:32

同乗者も車の所有者も“共犯”ですよね。

ならないんですかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2012/04/25 10:58

“過失”
そんなんで済ましてイイのでしょうか?
殺人行為でしょpout
車の免許が無い人に、車を貸す行為も異常です。pout

投稿: tuba姐 | 2012/04/25 10:36

だっけさ~

投稿: やまちゃん | 2012/04/25 07:34

やまちゃんさま、おはようございます。
裁判員裁判では、一番重い罰状が出ることでしょう。
それでも軽い。

>「技術」があったから・・・とすれば、免許って何よ。

投稿: もうぞう | 2012/04/25 06:29

花火星人さま、おはようございます。
殺人罪も考えられます。
でも現実はね~
顔写真も名前さえ出ないのですから。

投稿: もうぞう | 2012/04/25 06:25

こんばんは。
この「事件」には、もう噴火しそうです!!punchannoypunchannoybomb
先ほどのニュースでは「危険運転致死傷罪」での立件は難しいらしい…
そんな事を言っていました。
何故?
その事故前に、無免許でも一晩中運転ができたという「技術」があったからだというのです。
その辺の法律の矛盾は、これから大きく議論になってもらいたいです。

投稿: やまちゃん | 2012/04/24 23:52

>危険運転致死傷罪
生ぬるい!殺人でしょ!!
もし自分の家族が被害にあったら・・・
冗談抜きに○ろしに行きますよ、マジで。

投稿: 花火星人 | 2012/04/24 21:26

エンドウマメさま、こんばんは。
そうなんです、まるで加害者を弁護するようないい訳も多く報道されています。
しかし根本的には、無免許運転。これが一番悪いのです。

投稿: もうぞう | 2012/04/24 20:07

京都祇園で、大変痛ましい事故があったばかりだと云うのに。
今回は無免許で・・・居眠り運転をしていた可能性が高いそう。

ガードレールがあったらとか、集団登校じゃなかったらとか
いろいろニュースで云われています。 でも一番は、安全に
車の運転をすると云う事。 無免許で未成年とは・・・被害者が可哀想。

投稿: エンドウマメ | 2012/04/24 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/54542582

この記事へのトラックバック一覧です: 事故ではなく犯罪です。:

« 定点撮影7年目 | トップページ | 並ぶ月と金 »