« さ~めかったの~ | トップページ | 好きになれない売り方 »

下田の白鳥おじさん

「おっ撮影だかね?」
「はい」

「良いところに来たの~これからエサをやるところだんが・・・」
「え?ほんとうですか?ラッキー!!」

なんとも気さくな白鳥おじさんだ。
 

見るとバケツ2個に、パンらしきものがふっとつ入っている。

Haku800近くにいると結構うるさい。

Haku880

Haku_2

Haku_3食パンの耳が多い。

Haku920子どもにも大人気。

五十嵐川(いからしがわ)三条市森町付近で撮影。
ここも2011年7月の水害で被害を受けた地域です。

Haku

|

« さ~めかったの~ | トップページ | 好きになれない売り方 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。
なるほど、それでエサやりに対しての反対がおきないのですね。

投稿: もうぞう | 2012/01/16 07:38

もうぞうさま
佐潟の職員から聞いた話ですが、白鳥さん瓢湖、鳥屋野潟、佐潟・・と
明確に棲み分けしているようではなく、時折住処を変えているとのことでした。
餌付けは白鳥さんにとって、多分迷惑ではないと思います。
猿さんほど悪知恵も働かないでしょうから・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012/01/16 07:13

こんばんは。

>やまちゃんさま
ぜひ!
この日のエサの時刻は、11時頃でしたが、いつもそうなのか?は、分かりません。

>玉井人ひろたさま
それは興味深い現象ですね。
ここは雪が多くてエサ場が無いのでエサやりを止めるとどうなりますかね~

>瓜亀仙人さま
伊豆沼は水鳥の宝庫として有名ですよね。
地震や津波でどうなったのでしょうね?
さっぱり情報が聞こえてきません。

投稿: もうぞう | 2012/01/14 19:47

私、昔、日本野鳥の会会員でした。
それで野鳥を観に旅していました。
白鳥を観に宮城県伊豆沼へも行きました。
今、どんな状態なんでしょうか?
仕事があってなかなか行けそうにないのですが・・・

投稿: 瓜亀仙人 | 2012/01/14 14:01

それが、餌付けしていないのにハクチョウの数は減っていないのです
白鳥たちは今までの飛来地に来て休み、近在の田んぼなどへ出かけては自分で餌を取って、またもとの場所にもどってくるという自然本来の姿になっています。

餌をあげてもあげなくても関係ないようで、人間の独りよがりのようです

投稿: 玉井人ひろた | 2012/01/13 22:31

こんばんは。
行ってみたいです。
「白鳥おじさん」といえば瓢湖の吉川さんが有名だったように記憶しています。
国語の教科書に載っていたような?

投稿: やまちゃん | 2012/01/13 22:13

玉井人ひろたさま、こんばんは。
ほう、そうなんですか?
ますます新潟県にやってくる白鳥が増える?

投稿: もうぞう | 2012/01/13 20:35

こちら福島県ではハクチョウなどへの餌付けは2~3年ほど前から無くなりました

投稿: 玉井人ひろた | 2012/01/13 16:41

tuba姐さま、こんばんは。
そうですよね。私も以前は不思議に思っていたんですが、最近は見慣れたせいか当たり前になっていました。
問題は無いのかな~

投稿: もうぞう | 2012/01/12 19:53

美味しそうに餌をたべてますネdelicious
「**に餌を与えないでください」って、看板が設置されている(動物)所もあるのに、白鳥はイイのかなぁ~?

そういえば、瓢湖には餌が販売されていました。
渡り鳥に餌付けはOK!なんでしょうか。。。

投稿: tuba姐 | 2012/01/12 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/53696971

この記事へのトラックバック一覧です: 下田の白鳥おじさん:

« さ~めかったの~ | トップページ | 好きになれない売り方 »