« 標高は違えど距離は同じ1800m | トップページ | みみかじ »

星の日周運動

この時期、なかなか晴れない新潟。
24日夜、時折雲が流れてくるんですが、まずまずの星空。
今夜を逃すといつになるか分からないので・・・camera

Output_comp1

このような写真は、数十分から数時間シャッターを開けっ放しで撮影するのが、常とうです。

ところがデジタルの場合は、撮影が終わってからカードに書き込む際のノイズリダクションなどに時間がかかり、通常さらに倍の時間がかかります。


それで、デジタルでは主流となっている方法を試してみました。
シャッター速度は30秒程度にして、連写モードで何十枚も撮ります。
それをPCで合成します。

今回のは、連写モード(低速)で、シャッター速度30秒に設定し72枚撮影しました。合計36分の露光です。
ちなみにISO800・絞り5.6。

この方法だと、書き込みに要する時間はまったくかかりません。
それにノイズも少なくなります。

そして比較明合成すればOKです。                            

 

|

« 標高は違えど距離は同じ1800m | トップページ | みみかじ »

コメント

tuba姐さま、おはようございます。
ほとんど単色に見える星もいろんな色があるのには、ビックリしますよね。
今度はもっと長時間に挑戦したいと思っています。

投稿: もうぞう | 2012/01/30 08:23

なるほど・なるほど、って頷きたいところですが、わかったのはISO800だけでしたsweat01
映像を拡大すると、☆の軌道に色の違いが美しくでていますねぇ~
ミステリアス&ロマンチックshine

投稿: tuba姐 | 2012/01/29 22:57

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
合成時の過程を見ることが出来ます。
点だった星が次第に伸びていくのが面白いですね。
120コマ~200コマくらいでやってみたいです。

投稿: もうぞう | 2012/01/28 20:38

もうぞうさま
小生は出来ませんが、今回レポ理解はできるようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012/01/27 20:39

玉井人ひろたさま、こんばんは。
多分そうだと思います。
この方法だと、B(バルブ)の無いカメラでも撮影できますね。

投稿: もうぞう | 2012/01/25 19:53

よく見るフォトは皆そういうやりかたなんですかね

投稿: 玉井人ひろた | 2012/01/25 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/53814739

この記事へのトラックバック一覧です: 星の日周運動:

« 標高は違えど距離は同じ1800m | トップページ | みみかじ »