« 角田 稲島登山口 | トップページ | 角田山で考えるオーバーユース。 »

一桁違うぞ!

久しぶりに眼科に。

診察が終わって、隣接の薬局へ。
結構混んでいた。

「140円です」
「220円です」
「440円です」
「540円です」
「220円です」

みなさん安いな~
それも点眼薬を3本とか4本。

私の番になった。
「2280円です」(点眼薬2本)

おいおい、なんだこれは (# ゚Д゚) ムッカー



そして、今日の新聞は伝えていた。

「消費税10%でも国債増になると財務省が試算」

「2060年、人口は3割減、65歳以上が4割に達し、生産年齢層1人が従属年齢層1人を扶養することになると、社会保障・人口問題研究所」


歳出の大幅な削減を断行しないと、消費税は何度あげても、足りなくなる気がする。                                                  

|

« 角田 稲島登山口 | トップページ | 角田山で考えるオーバーユース。 »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。
医薬分業の目的の1つは、自分の掛かり付け薬局をもつことだったのに、いつのまにか医院の隣の薬局で薬をもらうことになってしまった。
なんでも自由化、規制緩和ですが、医療分野はまだまだ規制にしっかり守られています。
良いことなのか悪いことなのか?

投稿: もうぞう | 2012/02/02 09:16

もうぞうさま
小生も不勉強ですが、ジェネリック云々ではなく、
今かかりつけの医者で、少し高価な飲み薬と、塗り薬
そして水溶液薬2本で、前回2,090円でした。今回は
塗り薬と水溶液薬残っているので、高価な飲み薬?だけに
してもらいました。その結果1,990でし、僅か100の違いで
唖然としました。薬局と厚生省の癒着でしょうね。
訳の解からないシステムで納得できません。
因みに小生3割負担です。
開業医の隣に薬局が有り、3,4人働いているわけですから
その人件費が保険料にかなり圧し掛かっているのでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012/02/02 09:04

玉井人ひろたさま、こんばんは。
再度ありがとうございました。
処方箋ですね。でもこれならもう私の手元には無いわけですね。
今度よく観てみます。

投稿: もうぞう | 2012/02/01 20:09

聞かなくても医師の出す処方箋に、ジェネリックに交換可能か、不可能かが明記されているはずですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2012/02/01 09:28

おはようございます。

>玉井人ひろたさま
ジェネリック医薬品ではありません。
去年あたり発売された新薬だと。したがってこれと同等のジェネリック医薬品はまだないと思います。
でも念のため今度聞いてみましょう。

>tuba姐さま
多くは1割負担の老人であることと、ジェネリックなどの医薬品であることが原因だと思います。
ご心配頂きありがとうございます。
今のところ特に心配することもないようです。

投稿: もうぞう | 2012/02/01 07:27

そ・そんなにdollar
間違ってないの?

もうぞうさんのeye重症で無いことを祈りますgood

投稿: tuba姐 | 2012/01/31 22:13

ジェネリックの確認はやられたんでしょうか?
目薬なら、処方箋の隅に必ず「ジェネリックに交換可能」という責任者の署名が有るはずですが、無かったでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2012/01/31 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/53860502

この記事へのトラックバック一覧です: 一桁違うぞ!:

« 角田 稲島登山口 | トップページ | 角田山で考えるオーバーユース。 »