« 「サンタクロースの家」運営事務局 | トップページ | 弥彦、賑わう。 »

自然栽培講座

Kouen

このダイコンを持った人、誰かというと「奇跡のリンゴ」の生みの親、木村秋則氏である。

氏の自然農法についての講演を聴く機会があった。

自然農法とは簡単に言えば、有機肥料も含めて、肥料や一般的な農薬は使わない。
自然な生態系バランスがとれていれば、作物は十分育つという農法だ。

これからは医学と農学が接近するということ。すでに弘前大学で研究が始まっているという。

また興味深かったのは、ダイコンはゆっくりと回転しながら成長しているのだという?
俄には信じがたいが・・・

ところで写真のダイコン。
買うならどっち?

関連記事はこちら
木村秋則オフィシャルホームページはこちら

|

« 「サンタクロースの家」運営事務局 | トップページ | 弥彦、賑わう。 »

コメント

こんばんは。

>輝ジィ~ジさま
ここで言う自然栽培は、昆虫や他の植物・微生物などが多く存在しバランスのとれた土壌であることが条件になっています。

>山口ももりさま
ダイコンの葉は、細かく切って油揚げも入れて、ごま油などで炒めてご飯に混ぜて食べると美味しいです。

>玉井人ひろたさま
なぜこのブログにだけ出るのでしょうかね~

投稿: もうぞう | 2011/11/08 17:04

もうぞうさんへ

わたしもIE9ですが同じ状態です

投稿: 玉井人ひろた | 2011/11/08 16:31

へ・え・え・・・回転しながら育つ・・・へ・え・え・・・雑草を取らないのも中和・・・・色々足らないことばかり。大根って葉っぱもおいしいんですよ。特にぬかずけ・・・だあい好きです・

投稿: 山口ももり | 2011/11/08 08:48

もうぞうさま
氏の事は貴殿の以前のレポや、書籍などで知っている程度で
小生は、専門家でもなく反論は出来ません。
自然には偉大な力が存在しているのでしょう。
しかし荒廃したムスタンの地で農業指導をしている
近藤先生のような方も居られ、一概に自然に任せると言う
考えには同調できかねる心境です。
ただ、小生県内の数人の有機栽培農家の方からの説明や、
畑や田圃を見学しましたが、化学肥料まみれの生産物には
些か恐怖を感じています。
有機米や有機野菜は味が異なることは事実と思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011/11/08 07:14

玉井人ひろたさま、おはようございます。
今IE9でコメントを書いています。
たしかにカーソルが不安定なようです。
点滅しなかったり、消えてしまったり、矢印での移動が出来ないようです。

ただ消えてもその場所にあるので、書き込みに際しては特に困ることは無いです。
また消えた場合は、再度希望する場所にカーソルを合わせてクリックすれば、出てきます。

玉井人ひろたさまのPCでは、もっと重症なのでしょうか?
書きにくいのにコメントを寄せていただき大変ありがとうございます。

投稿: もうぞう | 2011/11/08 06:55

玉井人ひろたさま、おはようございます。
補足しますと、一般に肥料過多の場合が多い、そのような場合は根を伸ばす必要が無く、葉っぱの方に栄養が行くとのことらしいです。

カーソルの動きが悪いについては、分かりませんね。

投稿: もうぞう | 2011/11/08 06:42

追伸

「うめところぐ」のほうで試しましたところ、全く問題なくカーソルが現れ点滅してくれました。異常なしでした。
このブログだけのようです。困ったです

投稿: 玉井人ひろた | 2011/11/07 21:51

窒素肥料分が過多だと確かに葉っぱが大きくなり、さらに病気になりやすくなります。
それも作物によって肥料の好き嫌いがあったりして、どうしても窒素分は過多になりやすいことは確かです
ですからバランスを考えて肥料を与えるんですよ。

たぶんこの方も作物のその栄養分の好き嫌いを考え作物をかわるがわる植えて土中の中和をやっているんだと思います。それと雑草を取らないのも中和になります。知ってはいますが、やる方は稀です。

しかし、何が原因なのかこのコメントもカーソルが消えてしまうので、かんで打っています。アイビームポインタでクリックしてからカーソルが現れるまで10~15秒もかかるんです。互換ボタンを押して改善を試みたんですが直りません。何かがもうぞうさんのブログのコメント欄と相性を悪くしているようです

投稿: 玉井人ひろた | 2011/11/07 21:47

玉井人ひろたさま、こんばんは。
なるほど、説得力がありますね。
しかし木村氏が言うには、
まったく逆です。
肥料が多いと葉っぱばかりが育ち、色も濃いと。
自然農法による適度な栄養分で十分だと。

私は農家でないので、分かりませんけど、どっちももっともだな~って思います(/-_-\)う~ん…

投稿: もうぞう | 2011/11/07 17:34

フォトの向かって左の小さい大根がその回転して育ったほうだと思います。
見た通り、私に言わせれば肥料不足、の土地のため太陽光をから栄養を作ろうと葉が大きくなったものです。つまり、必死で太陽の動きを追いかけますので“回転”して育ちます。
このような肥料不足で育った大根は非常に辛くなり、辛いのが苦手な人は大根おろしにしたら食べられないと思いますよ。

普段目にするのは肥料が多いので回転することはまずありません。誤解のないようにしてください。

投稿: 玉井人ひろた | 2011/11/07 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/53186344

この記事へのトラックバック一覧です: 自然栽培講座:

« 「サンタクロースの家」運営事務局 | トップページ | 弥彦、賑わう。 »