« 槍穂高を望む絶好地 | トップページ | 蝶ヶ岳ヒュッテで深い眠りについた頃 »

常念岳をめざす

今朝(4日)もスッキリ晴れている。星が残っている内に撮りたかったが、寒い!
もうしばらく布団にくるまる。

Jyo9605:11

Jyo1
5:45

Jyo980

Jyo9905:54

急いで食堂に向かう。

6:30 5.5Km先の常念に向けて出発。

Jyo2
いよいよ常念本峰に取り付く。大きな岩石がゴロゴロ。同行のM氏。

Jyo3_3山頂(2857m)は狭いのだ。10:50

Jyo4妙高連峰は冠雪していた。白馬連山も白かった。

Jyo5_4
前常念(11:50)付近から見た常念本峰。

Jyo6

そろそろ最後の見納め「穂高連峰」

昼食後、ここから大きな岩石がゴロゴロする急斜面を下る。
その後は九十九折りの道を延々と・・・
同行のM氏大分足に来たようで、グンとペースが落ちた。
結局三股駐車場に着いたのは、16:30だった。

なおこの企画に際しましては、輝ジィ~ジさまの「蝶ヶ岳・常念岳トライアングル縦走(初日編)」などを参考にさせていただきました。
大変ありがとうございました。

|

« 槍穂高を望む絶好地 | トップページ | 蝶ヶ岳ヒュッテで深い眠りについた頃 »

コメント

hideさま、おはようございます。
勉強、ご苦労さまです。
もう少し寒気が南まで入っていたら、槍穂高まで雪化粧したのでしょうね。
ちょっと残念ではあります。
しかし常念まで白くなったとしたら、これはまた困りますけど。

投稿: もうぞう | 2011/10/10 05:51

おっと、ちょっと私事「試験勉強」でブログから離れていたうちに、
蝶ヶ岳~常念岳を歩かれていたのですか!
だいぶ気温も落ちてきているようですが素敵な山歩きができたようで、
見ているこちらもワクワクして拝見させて頂きました。
妙高の山々の画像を見させていただくと、
北アでは冬の足音も着実に近づいているんだなと実感。
あ~どこかの山に行きたいな♪

投稿: hide | 2011/10/09 23:19

輝ジィ~ジさま、おはようございます。
先回は蝶だけでしたが、ずっとガスっていました。
ところが翌朝どんどん晴れてきて、槍穂高が見えてきたときは、感動ものでした。
今回も劣らず良かったですね。

投稿: もうぞう | 2011/10/08 06:29

もうぞうさま
拙 駄ブログまでご紹介いただき、この上なく、光栄であります。

小生 このコースは10数年ぶりで、それは5月GWの翌土曜日で、
蝶ヶ岳界隈はかなりの残雪が見られ、閉鎖中のヒュッテの前で
テントを張ったのですが、心底凍えそうでした。
ただその分、穂高から槍の神々しいまでの大展望が
終生忘れられないものになりました。
歳重ねた現在、もうその体力は微塵も残っていません。

もうぞうさんも必ずやこのコース、それなりに満足
頂けたかと存じますが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011/10/07 20:20

山口ももりさま、こんばんは。
常念、思ったより岩石の多い山でした。
おひさまの最後の写真はいつも素晴らしかったですね。

投稿: もうぞう | 2011/10/07 19:22

お・お・お・・・素晴らしい!!!TV「おひさま」もいつも最後の写真が楽しみで見ていました。常念岳は登っていないんですよお。槍穂高・・・いいなあ!!!もう、冠雪してるんですねえ。

投稿: 山口ももり | 2011/10/07 09:03

おはようございます。

>tuba姐さま
姐さんは、2年ほど前に登ったじゃないですか。

>玉井人ひろたさま
と言うことは、人の存在が大きい?

>花火星人さま
とてもとても花火星人さんには、かないませんよ。
ただ天気が味方してくれましたから。

投稿: もうぞう | 2011/10/07 06:11

なんだかなぁ。ちょっと目を離した隙に(^_^;)

羨ましくなんか、ないんだからねっ!!(T_T)

投稿: 花火星人 | 2011/10/06 23:19

上から3番目、私は好きですね

投稿: 玉井人ひろた | 2011/10/06 22:06

素晴らしい映像にドキドキheart02
槍穂高のモルゲンロート、最高!!
冠雪の妙高もイイですねぇ~

あぁ~、イイなぁ~(独り言・・・)

投稿: tuba姐 | 2011/10/06 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/52924652

この記事へのトラックバック一覧です: 常念岳をめざす:

« 槍穂高を望む絶好地 | トップページ | 蝶ヶ岳ヒュッテで深い眠りについた頃 »