« 大げさな箱入りだと思うのですが・・・ | トップページ | 「東北北陸で引き続き大雪に警戒」 »

歓喜の歌と卒業式

晴れたる青空 明るい春日
晴れの卒業 めでたき今日ぞ
・・・・
(以降、忘れた)

これはベートーベンの第9から歓喜の歌で、一般にはこちらの訳のようだが。

なぜか私は小学校の頃、卒業式で歌った。いや歌わされたのだ。
誰の作詞(訳詞)なのか?もちろん訳詞と言うには、かけ離れているが・・・

それがどうしたですか?
ラジオなどから聞こえてくるこのメロディーに反応して、この歌詞を口ずさんでしまうんですよ。
今やオリジナルのドイツ語で歌う人も多いのに、このような歌詞を口ずさむとは、遺憾なことです。
もっとも今更ドイツ語の歌詞を覚える気もないですけどね。

|

« 大げさな箱入りだと思うのですが・・・ | トップページ | 「東北北陸で引き続き大雪に警戒」 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
ごく狭い範囲での、「流行」だったのでしょうかね~

投稿: もうぞう | 2010/12/31 20:48

もうぞうさま
ある意味で才能ある先生がおられたのかもしれませんね。
現代日本の弊害の大きな要素に教育教員の資質が有ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010/12/31 09:45

山口ももりさま、こんばんは。
そうです。歓喜の歌です。
つまりそれが卒業式にふさわしいと思った人(先生)がいたのでしょうね。
最近は聞きませんけど。

投稿: もうぞう | 2010/12/27 16:26

ベートーベンで卒業式???始めて聞きました。「蛍の光」や「仰げば尊し わが師の恩」とか「苑の小百合 なでしこ垣根の千草・・」とか・・・別れの歌は色々おもいだしますが・・・第九はたしか「歓喜の歌」だったような???記憶があります

投稿: 山口ももり | 2010/12/27 16:06

tuba姐さま、おはようございます。
歓喜の歌以前は、仰げば尊しだったと思います。
これは古くさい印象でしたね。
師の恩を強制しているようでもありますしね~いかにも明治時代の歌??

投稿: もうぞう | 2010/12/27 07:32

ほぅ。
歓喜の歌を小学生が歌ってたンですか!!
アタシは、“♪仰げば尊”でしたよ。

投稿: tuba姐 | 2010/12/26 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/50407080

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜の歌と卒業式:

« 大げさな箱入りだと思うのですが・・・ | トップページ | 「東北北陸で引き続き大雪に警戒」 »