« 新聞休刊日に思う | トップページ | やはり誰もいなかった。 »

昔話

昔話を聞くのが好きなんです。

といっても「むかしむかし、あるところに・・・」では無く、
ここに郵便局があったとか、この家は豆腐屋さんだったとか、昔の村の様子や暮らしぶりなどのことですよ。

しかし、いつの間にか・・・

(若い人に対して)話して聞かせる立場になっている自分に気づいた。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥ

Sadoki_2旧佐渡汽船ターミナル

新潟市下大川前通:昭和36年頃。
現在は新潟テレビ21(UX)

 

|

« 新聞休刊日に思う | トップページ | やはり誰もいなかった。 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
仕事で佐渡へ。
それは大変でしたでしょう。
この年初めて佐渡に渡ったんですが、近くに住む知り合いが見送りに来てくれて、紙テープをきってね~
今考えると何とも不思議な光景です。

投稿: もうぞう | 2010/11/18 19:28

もうぞうさま
先日同郷の仲間と会った時の話題は殆ど半世紀前の出来事ばかり。
半世紀昔では考えられなかったかも。

佐渡汽船、ここから冬場の佐渡へ酔いながら何度通ったことでしょう。
今は懐かしき思い出です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010/11/18 15:47

こんばんは。
>玉井人ひろたさま
これが自然なことでしょうね。

>エンドウマメさま
ばあちゃんなどから古い話を聞く、こんな機会は重要だと思いますけど、最近は減っているのだろうな~

>広坂兼六さま
そうですよね。
鉄道・かぼ電に関すれば、30歳でも生き字引か~
なるほどね~

投稿: もうぞう | 2010/11/14 19:21

鉄道趣味レベルでもまさにそれなんです。
月潟駅に来られる子供さんは電鉄現役時代を知りませんから、齢三十代半ばでも昔を教える立場です。

投稿: 広坂兼六 | 2010/11/13 22:53

昔からバァちゃんっ子で、親が他の親戚宅に行っていても
僕はバァちゃんと一緒にいるのが好きでした。 家がある
地域の話を聞くのが好きで、村の話をたくさん聞きました。

投稿: エンドウマメ | 2010/11/13 22:15

そう、そう、そうなんですよね。
「この橋は、もう少し上流だったんだ」とか、自然と私も話すようになりました。

投稿: 玉井人ひろた | 2010/11/13 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/50017581

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 新聞休刊日に思う | トップページ | やはり誰もいなかった。 »