« ヨーロッパ松 | トップページ | 本は本屋だが・・・ »

授与式

文化勲章の授与式を親授式といい、文化功労者の授与式を顕彰式というのだそうです。

天皇陛下から直接かどうかとか、会場の違いはありますけど・・・

日本は?言葉が豊富だね~
というより、わざわざ差別するのが、いや失礼、区別するのがお好きなようで。


|

« ヨーロッパ松 | トップページ | 本は本屋だが・・・ »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
毎回のコメントありがとうございます。
資源のない国だから、その良い頭を輸出しなければダメだ。ところが最近は若い人が外国に行きたがらない。親も行かせたくないのだそうです。

投稿: もうぞう | 2010/10/28 18:55

もうぞうさま
>日本は?言葉が豊富だね~
というより、わざわざ差別するのが、いや失礼、区別するのがお好きなようで。

確かに面白い民族ですネ。頭は良いし。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010/10/28 06:29

玉井人ひろたさま、おはようございます。
私も「叙勲」一般について調べて記事にしたかったんですが、面倒で今回は見送ったんです。
解説いただきありがとうございました。

投稿: もうぞう | 2010/10/27 06:23

あらら、違うんですね。親授=天王自ら授与なんですね。
面白い記事なので、改めて見てみました

そしたら憲法14条3項<勲章授与者は勲章以外のいかなる特典・特権を伴ってはならない>があるため
「勲章者」=勲章のみ
「功労者」=賞状と文化功労者年金(永久無税年金)特権が与えられる。

これでは勲章者が不公平ということで、改めて勲章授与者は全員「文化功労者」に選びなおして「永久年金を支給する仕組みになっているようです

なんとも仕組みも複雑ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2010/10/26 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/49853140

この記事へのトラックバック一覧です: 授与式:

« ヨーロッパ松 | トップページ | 本は本屋だが・・・ »