« 取らぬ狸の皮算用だった。 | トップページ | 失礼だが期待してませんよ県議なんて! »

郷土資料室

月潟農村環境改善センターは、体育館と郷土資料室・会議室などがある。

Noukan
エントランスホール脇には、獅子舞のブロンズ像が数体。

資料室は角兵衛獅子に関するものが中心だが、鎌に関するものも・・・
このようなところは撮影禁止が多いが、とくに断りも無かったので撮影した。

Noukan1

Noukan2
美空ひばりの蝋人形

Noukan3
当時の獅子頭、雄獅子と雌獅子がある。

27日撮影を終えて帰ろうとしていたら、玄関先で吉沢真澄氏から声を掛けられた。「あっどうも、こんちは」てな具合だが・・・
私のようなものにも声を掛けてくれるのは嬉しいことです。
その氏が、2日後の29日朝心筋梗塞で亡くなられた。

月潟役場に勤務、白根市長を歴任、その後新潟県議補選で当選。現職で57歳。
ご冥福をお祈りします。

|

« 取らぬ狸の皮算用だった。 | トップページ | 失礼だが期待してませんよ県議なんて! »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
道路や橋なども含めて改修費がふくらんで大変でしょうね。
しっかりと将来を見据えた政策が必要かと。

投稿: もうぞう | 2010/07/02 19:13

もうぞうさま
吉沢さん、お名前だけは以前から知っていましたが、
未だお若いのにお気の毒でした。

確かにこのような施設の維持管理費、今後大きな問題に
なってくるでしょう。
しかしなかなか良き案がありません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010/07/02 16:44

玉井人ひろたさま、おはようございます。
改善センターとか公民館・文化会館・ふれあいセンター・カルチャーセンター・総合体育館など規模の大小こそあれ、そして所管の省庁の違いで似たようなさまざまな施設が出来ましたね。
それはそれで価値があるのでしょうが、大方の施設では維持管理費だけでも負担になっているようです。

投稿: もうぞう | 2010/07/01 05:36

わが村の「改善センター」にも同じよな施設が揃っていますが、一番の村の宝は旧玉ノ井村の名前の由来になっている井戸(玉の井戸)から出てきた水晶玉です
なんとも霊気が漂う水晶玉なんです
2個出てきたそうですが1個は不明になっています。

投稿: 玉井人ひろた | 2010/06/30 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/48735663

この記事へのトラックバック一覧です: 郷土資料室:

« 取らぬ狸の皮算用だった。 | トップページ | 失礼だが期待してませんよ県議なんて! »