« 定点撮影その4 | トップページ | 花はおそかった »

春めくと・・・不要品(書籍版)

古い書籍を整理していた中から、ちょっと気になる品を2点見つけた。

Hakuran3

Kousitu Kousitu2 Kousitu1

表装はなかなか豪華だが、中身は雑紙のようだ。

大正11年発売とある。

この女性は昭和天皇の皇后良子さまらしい。当時まだ未婚。

以下は、東京博覧会。こちらは大正11年4月発行、実業之日本社だ。

Hakuran

Hakuran1

Hakuran2 上野で博覧会が開催された。当時の東京の略図や三越の広告が面白い。

|

« 定点撮影その4 | トップページ | 花はおそかった »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんにちは。
今日、この雑紙を除いて、大部分を処分しました。
価値が分からないもうぞうにとっては、仕方ないですかね~

投稿: もうぞう | 2009/04/13 17:35

これは間違いなく〈お宝〉の類に入るでしょう。
80年以上昔の様子を知ることが出来る貴重品。
しかしお宝は売ってお金にするか、自分の家に残して
大事に保管しておくか?
意外と難しい問題かも知れませんね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009/04/13 06:14

酒徒善人さま、おはようございます。
歴史のある出版社のようですね~

投稿: もうぞう | 2009/04/13 05:10

私少しだけ実業之日本社と関係があるのです。

投稿: 酒徒善人 | 2009/04/12 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/44628554

この記事へのトラックバック一覧です: 春めくと・・・不要品(書籍版):

« 定点撮影その4 | トップページ | 花はおそかった »