« 五りん石コース | トップページ | 凧揚げ »

2羽目も佐渡脱出

むかしぁ~、佐渡へ佐渡へと草木もなびいたもんだがの~

今は、朱鷺も逃げ出す?佐渡が島ってかぁ。(´;ω;`)ウウ・・・

|

« 五りん石コース | トップページ | 凧揚げ »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
個人的な予想では、1年ほどで放鳥した朱鷺は半減するのでは?と思ったのですが・・・
今のところまずまずの状態ではないかと思っています。
毎年10羽くらい放鳥されれば、良い結果が出るようになるのではと、期待しています。

投稿: もうぞう | 2009/03/07 19:31

朱鷺に聞いて見なければ理由がわかりませんが、貴殿のお説通り
数多くの繁殖を基に数多くの放鳥しか手段が無いでしょうネ!
野生の本能かも知れませんが、可哀想な気もします。
1羽では生きて行けませんからねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009/03/07 19:03

玉井人さま、こんばんは。
仕方ないですね。でも佐渡市長は捕獲して佐渡に連れ返せと主張しています。
でもまた逃げ出すでしょう・・・
群れをなすには、もっと多くの朱鷺を放鳥しなければね~

投稿: もうぞう | 2009/03/05 18:55

本来は日本中何処にでも群れを成していた鳥だそうですから、しかたないですね。

投稿: 玉井人 | 2009/03/05 14:15

おはようございます。
>アコさま
まったくです。
朱鷺も女は強し。でもかりにオスだとしても巡り会える確率は低いでしょうね。

>エンドウマメさま
佐渡市長の言い分も分からないわけではないですが、無理がありますよね。

>sakaituuさま
生まれ故郷って?中国?

>やまちゃんさま
それにしても想定外でしょうね。
今年もまた放鳥されるわけですが、何割かは本土に向かうでしょうね。

投稿: もうぞう | 2009/03/05 07:26

こんばんは。
飼育されていたトキも自然に放たれると野生の自立心が目を覚ますのでしょう。

投稿: やまちゃん | 2009/03/04 23:41

朱鷺は生まれ故郷に帰ろうとしているのかもしれませんね?
 どこへ行こうとも自由でしょう!
  こんな事言うと手塩に育ててこられた佐渡の方達にしかられるかな~~

投稿: sakaituu | 2009/03/04 22:18

佐渡に戻す・・・と市長が云ったらしいですが、自由に
飛べるからこそ、意義があるのだと思います。 それなら
最初から、放鳥しなければよかったのに。 動物に襲われるのも
自然の摂理だと思います。 ゲージで飼うのは、無理があるかも?

投稿: エンドウマメ | 2009/03/04 20:53

今回、胎内に飛来した朱鷺も雌だそうですね。
今、長野にいる朱鷺も雌。

佐渡から本土へ渡ってくる元気な朱鷺
“女は強し"でしょうか(笑)

投稿: アコ | 2009/03/04 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/44243477

この記事へのトラックバック一覧です: 2羽目も佐渡脱出:

« 五りん石コース | トップページ | 凧揚げ »