« 南区の公共交通 新幹線活用を | トップページ | 詳しくはウェブで! »

地産地消どころか・・・

新潟市西蒲区と南区の農地の一部いや大部分?は、手厚く保護され宅地などへの転用は、原則出来ないことになっている。
これは新潟政令市の目標の一つ、田園型政令市に沿った政策であり、農産物の自給率向上や地産地消にも合致したものである。

しかし農家の高齢化はどんどん進み、後継者は減る一方だ。
これは農作物の値段の低迷、消費の減少などで、労働の割に儲からないとの理由が大きいと考えられる。
特に果樹は手間が掛かるので嫌われている。

こめどころ新潟でも、稲作は大幅減反で3割以上である。つまり3年に1度、収入がないのとほぼ等しいのだ。


宅地開発が出来ないので、人口は減るし、農家は後継者無しで農地も荒れる。これじゃ・・・新潟政令市が・・・新潟政零市ですよ。

対策を急がないと、ますます食料自給率が下がる。ましてや地産地消どころではないですね。



080215_130557_2 

後継者がいないので、切り倒された梨畑。

おいおいそんなこと心配するより、自分の商売や将来を心配すれば!って言われそうだね。

|

« 南区の公共交通 新幹線活用を | トップページ | 詳しくはウェブで! »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
政府は何事も場当たり的。本当に将来を見据えた対策が求められますね。

投稿: もうぞう | 2008/02/24 19:19

バイオ燃料等で小麦価格も高騰、したがってパンを始め関連商品の値上げラッシュ、
そのうち米回帰現象おきませんかねぇ~
餃子問題を始め、消費者も問題意識を持った事でしょう。
生産農家も後継者不足を嘆くだけでなく、今こそ
チャンスと大同団結して生き残りを考える必要も
あるのではないでしょうか?
農協と言う組織の功罪も確かに有りますが…
辛い思いをさせたく無いという親の考えにもチョッピリ問題有るような気もしますが…
かなり成功している生産農家(米に限らず)も見受けられます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008/02/23 21:52

こんばんは。
>玉井人さま
これだけでも立派な記事になるのに、コメントにしていただきありがとうございます。
kiyokaさまのところで、保護策をと書きましたが、それに平行して、良い農産物は高いのだ!という意識も持つ必要があるのではと、思います。
だって手間が掛かっているのです。

>山口ももりさま
小麦の値上げ、大賛成?
昔、貧乏人は麦を食え
これから、貧乏人は米を食え

>酒徒善人さま
どうなりますかね~
荒れ地が増えないことを祈っています。

投稿: もうぞう | 2008/02/16 19:27

私の趣味の園芸は、親父の労働の手伝いでしかありません。
親父が倒れてしまったらどうしよう・・・
それを考えるとかなり不安です。

投稿: 酒徒善人 | 2008/02/16 17:58

玉井人さんからの切実なコメントも共に拝見しました。丹波の畑へ行く時、ずーっと、車で農村を通り抜けていくのですが、荒廃はひしひしと感じられます。中でも道路。全く、地方の土建屋の仕事作りとしか思えません。不必要な道路がありすぎます。ご先祖様が営々と作り上げた立派な畑や田ンボを平然と壊す・・・・土建屋が増えすぎて、仕事を無理して作り出しているとしか思えません。何時の間にか、日本列島は土建屋集団に乗っ取られています。パンが高くなれば、お米を食べるようになるのでしょうか。

投稿: 山口ももり | 2008/02/16 10:51

寒冷地など米があまりできないところが多かった昔と違い、品種改良が進んだ今、「地元産を地元で消費」が米に関しては現在可能になりました
そのために米が元々量産していた地方は米が売れない、売れても安い、これも米余りの要因の一つになっています

しかしわが地域で一番のネックは農協という組織なのです。
ここが一番農業離れを起こしています。
減反政策は協力すると補助金が農協に降りますから組織としては無理しなくても収入が上がるのでどんどん協力です。
逆を言えば組合を脱退すれば減反しなくても済む仕組みになっています

農家も高齢化が進んではいますがそれより専業農家化が進行し広大な面積を1件で抱えることになり人手不足になっていますため、減反は非常に助かるという皮肉な現象になっています
頼りの農協は金融機関化が進行しているわけで、当然勤める地元農家である職員の若者たちは農業をやってる暇はなくなる、そのため農業離れが起き、結果として農協の収入が減少するという悪循環が起きています。

国はJAの組織改革政策を進めていますが合併が進んだだけでかえって組合員離れが進んでいます。

これから農産物の販売力が無いところとあるところでさらに差が大きくなることでしょうから地産地消というより、農家が販売しない「自給自足」のほうが増加するんじゃないでしょうか。

長々と書きましたが言いたいことがまとまりませんでした

投稿: 玉井人 | 2008/02/16 09:29

kiyokaさま、おはようございます。
都会の人たちは、休日農業で汗を流す人も多いと聞きます。
また定年後田舎に住んで農業をなんて人も結構いるようですが・・・
いずれにしても根本的な解決策になるとは思えません。
もっと農業保護策を講じなければ、日本の農業はダメになります。

投稿: もうぞう | 2008/02/16 07:08

どこも高齢化で同じですね。
今借りている親戚の畑は 農家の人が高齢化で出来なくなったので地主に返した土地で何年か作っていなかった土地です。そちらは果物だから余計難しそうですね。

投稿: kiyoka | 2008/02/16 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/40133478

この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消どころか・・・:

« 南区の公共交通 新幹線活用を | トップページ | 詳しくはウェブで! »