« 定点撮影「秋」その2 | トップページ | タダほど高いものはない? »

祈り ―― 30年

「今日の新潟日報は、目を引きましたね~全28ページ中22ページにわたって21行×4段ですが、写真とエピソードというかコメントが掲載されていましたね。」

「拉致のことですね。めぐみさんが拉致されてから今日でちょうど30年ですからね。そうですね、これって全部合わせたら1ページ半くらいになりますよ」

「それに社説や日報抄・投書欄にも・・・」

「社をあげてのキャンペーンといったかんじですね。地元紙としては当然でしょう!」

「それにしても北による拉致が判明してからも、すでに10年ですよ」

「政府はほんとうに解決する気があるんでしょうかね?とかく官は事なかれ主義の体質がありますからね~」

「そうそう、例えば、犯罪に巻き込まれたりして亡くなる人も少なからずいますからね。まさかそれと同等と考えているなんてことは、無いでしょうね」

「ま~そうあって欲しいですね」

「とにかく世論やアメリカ頼みだけじゃなくて、なんで日本政府独自ででも行動を起こせないのかね~」

Namri
横田夫妻の30年の心の中は、毎日こんな鉛色だったのだろうな~
一刻も早くなんとかしてくれよ、福田総理。

|

« 定点撮影「秋」その2 | トップページ | タダほど高いものはない? »

コメント

輝ジィ~ジさま、おはようございます。
貴殿の説はよく分かりますが、N社としても営業でやっているので、ある程度仕方のないことかと存じます。
でもま~もっと拉致問題を取り上げて欲しいところですね。

投稿: もうぞう | 2007/11/20 07:03

前にも燃料高騰でcommentしましたが、ジィ~ジは近頃 
マスコミ不信と言うか?批判的です。某N日報も勿論です。
拉致問題しかり定期的・継続的にやるなら批判はしませんが、
この時だけ、これでもかと言う感じがしてあまり素直になれません。
もっと何か他に家族会の役に立つ方法は無いものでしょうかね?
日本の政治は外交手腕然り問題外。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007/11/19 20:38

こんばんは。
> chonger48さま
私も泣けてしまいそうでした。
昨日、りゅーとぴあで横田さんや曽我さんの訴えを夕方のニュースで、見ました。
また泣けてきそうでした。

>玉井人さま
福田総理、期待できますかね~
いや是非ともやってもらわなくては・・・

投稿: もうぞう | 2007/11/16 19:00

今から30年前1977年の様子をちょっと年表などで見てみました。

私の記憶ではピンクレディーが大人気になってきていたころですね
王さんが国民栄誉賞第一号になっていたころでもありました
政界は「ロッキード裁判」が騒がれ、ちょうど今の福田総理の親の福田赳夫総理が内閣改造をした年でもありました。

親の代に起きた事件、その息子が総理になって解決したら最高の総理と言われるでしょうね。

投稿: 玉井人 | 2007/11/16 17:30

私も日報の社説を読みました。涙が出ました。今で何気なく、車で走っていた場所が、めぐみさんの拉致現場とわかり、今回ゆっくり歩いて見ました。30年前は家も外灯も少なく暗い下校道だったようですがね。
彼女の失われた青春を返してやってほしいです。そして一刻もはやくご両親の元へ帰ることを祈ります。

投稿: chonger48 | 2007/11/16 08:14

おはようございます。
>エンドウマメさま
横田のお父さんは、75歳です。私が思う以上にいらだつことでしょう。

>おくさま
小泉氏は、なんだかんだ言われながらも、1つの実績を残した。
これは評価できると思います。
なんでこれに続くことができないのか、不思議です。

>やまちゃんさま
私もブログに書き込むことで、わずかですが世論に訴えることができれば、と思っています。

投稿: もうぞう | 2007/11/16 06:22

こんばんは、やまちゃんです。
弥彦菊まつりで拉致への署名活動がありました。
私たち3人で署名しましたが個人でできることは、これくらいか、と思うと何か「いらだち」を覚えました。

投稿: やまちゃん | 2007/11/16 00:49

何故か人事とは思えないんです。
もし自分が拉致されていたら・・・なんて思ったら。
元気な姿で早く帰ってきて欲しいです。
もっと日本政府に動いて欲しいですね。

投稿: おくさま | 2007/11/15 23:35

無事に・・帰って来られる事だけを、祈りたいです。
政府も頑張っているのでしょうが、時間がかかり過ぎだと
思います。 もっともっと、真剣に考えて欲しいですよ。

投稿: エンドウマメ | 2007/11/15 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/17082125

この記事へのトラックバック一覧です: 祈り ―― 30年:

« 定点撮影「秋」その2 | トップページ | タダほど高いものはない? »