« 豪農の館の庭(新潟市江南区) | トップページ | 豪農は? »

豪農の館

続きです。
家屋の写真を主に掲載しました。

Kamado
1俵のご飯が炊けるという釜。

Tokei

Enngawa
時間帯によって、あるいは団体が入ると、ガイドさんが説明をしてくれる。
ガイドの足元後ろにレールがあり、そこに雨戸(ガラス戸)がはまるのだそうです。
下の写真は、そのガラス戸の1部です。

Amado

|

« 豪農の館の庭(新潟市江南区) | トップページ | 豪農は? »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
嬉しい悲鳴じゃないですか??
一本ものでしたね~すごいです。

投稿: もうぞう | 2007/11/06 19:19

先週からまた孫の世話で東京です。
困った娘です。
このお屋敷の雨戸の鴨居確か一本ものだったかと!?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007/11/06 18:56

酒途善人さま、おはようございます。
毎日数人の掃除担当者が、朝のうちに掃除をしているのだそうです。
ガラスの雨戸を開けるだけで、1時間以上も掛かるとか・・・

投稿: もうぞう | 2007/11/01 06:17

本当に凄いお庭ですね。
手入れだけでも大変でしょうね。

投稿: 酒徒善人 | 2007/10/31 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/16934758

この記事へのトラックバック一覧です: 豪農の館:

« 豪農の館の庭(新潟市江南区) | トップページ | 豪農は? »