« 横書き新聞はいかが? | トップページ | ヒゲ・ひげ剃り »

個人事業は消え去る運命?

「コメの仮渡し金が大幅に下がりますね」
「そういがんだて、困ったことらね~」

「でも農家、特に稲作農家はまだいいですよ。農閑期など、勤めに出ようと思えば勤められますもの。個人商店はなかなかそうはいきませんね」
「商店は待つのが仕事みたいなところがあるからね」

「いずれにしても個人事業は、どんどん減っていますね。大企業に吸収されるかチェーン店に加盟するか・・・でないと生き残れない?」

「う~ん、なんでこのようになったのでしょうね?」
「大企業優遇策や行き過ぎた規制緩和策が、大きいのではないでしょうかね~」

農産物の自給率は39%、当地の商工会加入率は、最盛期の65%と大幅ダウン中だ。

大丈夫なのかニッポンの未来、特に田舎地方。

起業する人も結構いるのだそうだが・・・

Ine
順調に実っているが・・・
仮渡し金は、去年の65%~70%程度が多い。
このままで追加払いが無いのではと、心配になるという。

|

« 横書き新聞はいかが? | トップページ | ヒゲ・ひげ剃り »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
日本はなんでもアメリカですからね。
ニッポンに似ているのは、ヨーロッパの方ですからもっと研究して欲しいです。
もちろんヨーロッパの真似ではなく、日本独自で良い方法をあみ出して欲しいモノです。

投稿: もうぞう | 2007/09/04 21:26

人口減少、少子高齢化と併せ、極めて難しい問題です。
農業政策について言えば、完全に法人化を奨励、今後小規模農家は、立ち行かなくなるでしょう。
しかし、工夫すれば、智慧を集めれば大地から何か
生み出せるかも知れません。単に、甘やかせるだけの
後継者育成だけはして欲しく有りません。
個人商店の場合は有る意味、農家より深刻かもしれません。
日中 シャッターが下りっぱなしの商店街見るに偲び有りません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007/09/03 19:13

おくさま様、おはようございます。
そちらではネットにも力を入れておられるようですが、当方ではそんな気配も無いようです。

投稿: もうぞう | 2007/09/02 05:40

こちらの商店街も皆さんの地域と同じです。
商工会でもいろいろなイベントをやっていますが一時凌ぎのようです。
しかし、商工会ではネットビジネスに力を入れていて、参加者の店舗は繁盛しているところが多いです。
そんな時代なんですね。

投稿: おくさま | 2007/09/01 23:44

阿武さんのゆきあたりばったりさま、おはようございます。
個人のやり方はもちろんですが、やはり政治も大きく影響しているような気がしますね~

投稿: もうぞう | 2007/09/01 06:14

そうですね。今は一人の勝ち組とその他多くの負け組みというような構図が全てに当てはまっています・・・大きな視点から見ればそう見えますが、小さなものが小さな商いでそこそこの暮らしを立てる。そういう世界もあることも事実です。肩肘を張らない、力を抜くそうして生計を立てていくそんなゆるやかな生業を実践していきたいと思っています。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2007/08/31 20:41

こんばんは。
>玉井人さま
う~む、先が読めませんね。
でもヨーロッパ諸国が参考になると思いますけどね~
アメリカ式農法は、ダメですが・・・

>Racexpさま
おっしゃるとおりです。
しかしうまくいっている店舗は、少ないです。
ドイツでは大型店に対して、かなりの規制があると聞きます。
どっちが良いのかは、分かりませんが、クルマに乗れない年寄りが困ることの無いような政策を希望します。

投稿: もうぞう | 2007/08/31 20:20

当地の街の中心部も壊滅状態です。
そういばもう何年も商店街で買い物をしていません。

>大企業優遇策や行き過ぎた規制緩和策が、大きいのではないでしょうかね~
かならずしもそうとはいえないと思われます。
壊滅商店街でも繁盛しているお店が若干見られるからです!
駐車場が無いというだけのほか
店の人が客が中に入ってきた瞬間に客に干渉する傾向が商店街の店に多くみられそれがいやで客に逃げられていく傾向があるのです。
干渉がいやな人は大きなスーパーにいくかコミュニテイが欲しい人は市(いち)にいくか二分化されているようです

個人商店でも専門的な商品を扱う店は強いようです。
ただ後継者が育成されているかと言う問題もあるので代が変ったら閉店と言う事例もありますが。

結局のところ「経営努力」も必要と言うことでしょうか。

投稿: Racexp | 2007/08/31 11:17

こちらでも小売店は大型店のテナントへ移行するところが増えています。
移行した店はそのままシャッター家屋となり人気がなくなっていきます。

米自給率220パーセントのわが村は後継者無くなって自然閉店が進んでいます。
これから変化は加速することでしょうがどうなるかは想像できなくなってきています。

投稿: 玉井人 | 2007/08/31 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/16245647

この記事へのトラックバック一覧です: 個人事業は消え去る運命?:

« 横書き新聞はいかが? | トップページ | ヒゲ・ひげ剃り »