« 強い西日が当たると・・・ | トップページ | 木守り »

火の見櫓は

Hinomiyagura
ご存じ火の見櫓です。
最近はどんどん減っていますね。新規に建てる事は無いらしいです。

また残っているものでも、実際に使用してないと思われるところが多いようです。
ここも鐘が下の方に下がっています。

今となっては、もう無用の長物?となったのでしょうかね・・・

撮影地:新潟市鳥原

|

« 強い西日が当たると・・・ | トップページ | 木守り »

コメント

おはようございます。
>玉井人さま
なるほど、この辺りでも防災無線が普及しています。
それで無くなったのかな~

>酒徒善人さま
高さと当てるのは、難しいですね。

>Racexpさま
新潟市の場合、防災行政無線は、まだ旧町村単位で放送しています。
今後はどうなるのか決まっていません。

投稿: もうぞう | 2006/12/15 06:22

三条ではまだあっちこっちにあります。
たとえば北三条駅付近にも見かけます。民俗資料館の脇です。となるとこの火の見やぐらも貴重品になるのも遠く無いと・・・ちなみに鐘を叩く場面は無いみたいですね。たぶん防災行政無線に追われて消えていく運命になるのでしょう・・・・

投稿: Racexp | 2006/12/15 02:08

我が家の近くにも火の見櫓があります。
どうやら高校生?の校外学習の際には、高さを当てるクイズのネタになっているようです。

投稿: 酒徒善人 | 2006/12/14 23:41

我が村ではかなり撤去されて見なくなってきてますね。
防災無線設備をしたときに同時に無くしたようです。

投稿: 玉井人 | 2006/12/14 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/13068497

この記事へのトラックバック一覧です: 火の見櫓は:

« 強い西日が当たると・・・ | トップページ | 木守り »