« 善良なもうぞう、NHK衛星契約しました | トップページ | 新潟弁の旅 »

写真について(風の吹くままバトン)

私のブログは、フォトログなどと名乗っているんですが、今になって思うと、とてもハズカシイです。
写真の大家は大勢いらっしゃるのに・・・

しかし写真・撮影なんとも芸術的な言葉ではありませんか・・・


ご存じの方も多いとは思いますが、技術的なことで1点だけ、私が理解しにくかった事について書いてみようと思います。

それは、ピントの問題です。
ピントをしっかり合わせたつもりでも、どうも後ピンの傾向があるんです。
それはカメラの構造上の問題、というか物理上の問題のようです。それで場合によっては、ピントの予定点よりやや前に合わせてシャッターを切ることがあります。

Sibori_1 この場合、
絞り22で無限から1.2mくらいまでピントが合ってます。
一番の中心は、2m付近です。

絞り8ならどうでしょう?4mから1.7mくらいのピントが合っています。
やはり中心は、2m付近ですから、どうしても中心より後方のピントが合ってる範囲が多くなります。

ところが最近は、こんなレンズを見る機会もありませんよね。

|

« 善良なもうぞう、NHK衛星契約しました | トップページ | 新潟弁の旅 »

コメント

輝ジィ~ジさま、こんばんは。
今や写真は簡単でだれでも写せますが、なかなか奥が深いようですね。

投稿: もうぞう | 2006/06/16 19:35

もうぞうさま
成る程ね~小生不勉強なので、気にもしてませんでしたが
何時もながら、貴殿の観察力には感心させられます。
何事もいい加減なジィ~ジ反省です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006/06/16 08:11

おはようございます。
>Racexpさま
絞りの8~11と言うのは、一番万能でいい絵になりそうな値ですね。
手動でのピント合わせは、出来るハズです。

>エンドウマメさま
そうなんです。会社によって絞りの値が逆になってるんですね。
ズームだとこのようなピントが合う範囲の表示も付いていませんしね。

>玉井人さま
一眼でもどんどん小さくなっていますね。
ま~フィルムが無い分だけ小さくできるのかも知れませんけど・・・

投稿: もうぞう | 2006/06/15 05:45

オートフォーカス全盛時代に手動であわせられる技術は大切かもしれませんね

今のデジカメは絞りやシャッタースピードは手動機能がついてますが微妙なことはできませんね。
確かピンとも機械式でできるのがあるはずですがファインダーを覗いてもモニター画面が目に入ってやりにくいでしょうね

最近のデジカメ一眼は小さいですよねえ。
コンパクトカメラ並みのが出てきてますよね(ものによっては一眼のほうが小さい)

投稿: 玉井人 | 2006/06/14 21:07

このレンズは、ニコン製ですね。 ウチのキャノンは
逆に数字が付いています。 同じメーカーでも、前ピンや
後ピンもあるので、慣れるのが一番ですよね。
キャノンも、どちらかと云えば前ピンで、カンに頼って
いた部分があります。 最近は、コンパクトカメラしか
使わなくて、35~120㎜のズーム付きです。

投稿: エンドウマメ | 2006/06/14 20:28

こんばんは
そういえばこのタイプのレンズ・・・所有していますがずっとお蔵入りしたままです。
フイルム時代はISO400のものをパックで買って来て使ってました。動くものばかり撮影したので500分の1で絞りが通常8から11でした。レンズが85ミリのためたいていピントが合っていました。というか手動であわせていましたので。
今のデジタル一眼レフピントは手動であわせられるのでしょうか?

投稿: Racexp | 2006/06/14 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/10524132

この記事へのトラックバック一覧です: 写真について(風の吹くままバトン):

« 善良なもうぞう、NHK衛星契約しました | トップページ | 新潟弁の旅 »