« 弥彦山頂に沈む | トップページ | 旧白根駅付近 »

まず見なくなったの~

何の写真か、ご存じでしょうか?

gasu

天然ガスの井戸です。
昭和30年代から50年頃まで活躍したようです。

今はほとんど残っていません。
地盤沈下の恐れがあるために規制されたのと、ガスの量が少なくなったからだと言われています。

|

« 弥彦山頂に沈む | トップページ | 旧白根駅付近 »

コメント

Daaさん、こんばんは。
いや~コメントが遅くなってすみません。
DaaさんもNiftyだからおわかりとは、存じますが・・・
さて貴重な情報、ありがとうございました。

投稿: もうぞう | 2006/03/10 19:51

前にガス井戸に関する記事を書いたのでトラックバックしましたm(__)m

私の記事にも書いてありますが、昭和40年代に地盤沈下などもありまして自家用天然ガス井戸の採取は禁止されてますね。でも、条例制定時点で届出をして稼動していた天然ガス井戸については老朽化で使用できなくなるまで使用が可となってます。

なので、現在使われているガス井戸はすでに30年以上使われているものばかりですね。

ちなみに旧新潟市にもたくさん自家用ガス井戸あります。笹出線の近辺を散策するとあちこち旧家にありますよ(^_^)

投稿: Daa | 2006/03/09 09:05

おはようございます。

この場所は、新潟市西萱場(旧月潟村)です。
火力が弱いと言う人が多いようです。

私ももっと大きなタンクを記憶しています。
やまちゃんさんは、研究熱心?な青年だったんですね。

投稿: もうぞう | 2006/03/09 06:18

あ~!見たことありますー!!
私の母親の実家が、味方村ですが、もっと
でかいタンクでした。
当時、小学生だったかな?
「天然ガス」で思い出しましたが、自分の体内から出る「天然ガス」も、ライターの火で燃えます。
高校の時、友人とやってみました。
バカなことをやってました。

投稿: やまちゃん | 2006/03/08 22:22

はじめて見ました!もうぞうさんの家の近くにあるんですか?
持ち主のお宅では天然ガスを使っているのですね!
ウチみたいに炊事だけ、なら間に合いそう!

投稿: おくさま | 2006/03/08 20:50

みなさん、こんばんは。

これはいまだに現役です。
家庭用としても小さな方で、これだけでは、家庭に使うガスを全部まかなうことは、無理だと思われます。

また天然ガス用の器具も手に入りにくいと聞きます。

新潟交通のバスにも一時使われていたらしいですね。

投稿: もうぞう | 2006/03/08 20:32

天然ガスの井戸は、初めて見ました。
以前TVで、畑から重油が湧いていて
畑が使えなくなった・・と云うのを、新潟からの
ニュースで知りました。 新潟の地下には
いろんな資源が眠っているのですね。
でも、地盤沈下・・は困ります。

投稿: エンドウマメ | 2006/03/08 20:09

こんばんは
すごいですね!これはまだ現役でしょうか?
天然ガス・・・隠れた新潟の特産品でしたね。
越後線などの気動車に戦後まもなくガスで動くものが配置されて走っていたほか、バスでも天然ガス車があったそうです。
気動車は新型に置き換わりバスの方も地盤沈下やガスの量の減少で一般のものに置き換わったらしいです。(参考資料:新潟県立博物館「新潟の乗り物」)
明治以前はガスは不思議な現象だったようで、鈴木牧之の「北越雪譜」でもとりあげられてます。挿絵の版画の絵が印象的ですね。

投稿: Racexp | 2006/03/08 20:05

最初はそんなだったんですね

こちらではいま東北自動車道沿いに大掛かりな天然ガスパイプラインの工事が進められていますよ

投稿: 玉井人 | 2006/03/08 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/9003026

この記事へのトラックバック一覧です: まず見なくなったの~:

» 自家用天然ガス井戸は古いのだけ? [Daa's Memo]
以前、「自家用ガス井戸」という記事を書きましたが、今日家でこれについての話になり、少し調べてみました。 [続きを読む]

受信: 2006/03/09 09:01

« 弥彦山頂に沈む | トップページ | 旧白根駅付近 »