« 今日のお昼 | トップページ | 旅行記1、上高地編 »

ハンバキヌギ

ハンバキヌギ(ハンバギヌギ)とは、旅行などから帰って家に着く前に、食堂などでミニ宴会(夕食会)をすることです。
今回の旅行でもハンバキヌギがありました。

旅行の思いで等を「肴」に酒を飲んで「いい旅行だったね、良かったね・・」と、無事を確認しあいます。
新潟方言のようです。

|

« 今日のお昼 | トップページ | 旅行記1、上高地編 »

コメント

おくさん、こんばんは、いつもありがとうございます。
確かに新潟といっても非常に広いですからね~
また私のブログは、出来る限り「真実」を記すように心がけてはいますが、文字通り「もうぞ」ですから、時々「うそ」なども含まれていることがありますので、ご注意ください。

投稿: もうぞう | 2005/07/06 21:12

もうぞうさんのブログを見ていると、私の知らないことがたくさん書いてあるので本当に勉強になります。
新潟弁も地域によって違いますしね!
実家は新潟市ですが、20kmばかりしか離れていない水原に嫁に来て意味のわからない方言をたくさん聞きましたもの!

投稿: おくさま | 2005/07/06 20:33

おくさま、こんばんは。
そうです、慰労会のことです。この記事を書いているとき、「慰労会」という言葉が思いつかなかったもので・・・

「新潟方言をさぐる」野口幸雄著によれば、
「ハンバギノギ」と出ています。
つまり、ハバキ(脚絆・きゃはん)を脱ぐことに由来するという事です。

投稿: もうぞう | 2005/07/06 20:07

お帰りなさ~~~い!
楽しかったですか?聞くだけ野暮ですね。
「ハンバキヌギ」って、初めて聞きました。
慰労会のことですか・・・

投稿: おくさま | 2005/07/06 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39439/4848564

この記事へのトラックバック一覧です: ハンバキヌギ:

« 今日のお昼 | トップページ | 旅行記1、上高地編 »